FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

感謝しつつ年賀状を作る

社労士になってから大きく変わったことの一つに年賀状を出す枚数が飛躍的に増えたことです。
仕事をしているのですから、当たり前といえば当たり前なのですが、お客様だけではなく、「お仲間」である社労士からいただくことも多く、従って、こちらも差し上げることになります。
皆さん、人脈を大切になさっていらっしゃるのだと思いますが、名刺交換しただけなのにくださる方もいらっしゃいます。
懇意にしているある先輩社労士は、「もうお客さんだけで、社労士には出さないことにしたわ。こちらがださなければ、先方も出さないから」とおっしゃいます。
それも一つのやり方だなーと思います。
だって、年賀状のやりとりをするような社労士は、支部や研究会で会って挨拶する場合が多いからです。
私の場合は、自分でPCで作り印刷するので一日頑張れば何とかなるし、一言書き添えたりもしますが、一枚あたりの手間はそれほどではないので、社労士会の先輩や仲間といえる人たちにも出しています。

図柄は自分で撮ったお正月の花や春らしい花のアレンジです。毎年写真やデザインは変えても基本は同じなので、比較的簡単にできます。
宛名は年賀状用のソフトを使っているので、これも入力さえしておけば印刷はさほど時間がかかりません。
昨年まで、すごく古いバージョンのものを使っていたため、XPでしか動かず、それのためにだけ古いパソコンを残してありました。
今年はどうしようかなと思案していたところ、年賀状の印刷に使っていたインクジェットプリンターが調子が悪いことがわかりました。
当事務所は、普段の印刷はいわゆる複合機でレーザープリンターなのですが、たまにシール印刷などするのと、年に一度年賀状を印刷するためにインクジェットを使っています。これは、使用頻度が少ないとインクが固まり、印刷できなくなるのですね。
今まで、そんなことはなかったのですが、ネット住民に聞いて(ネットで検索することを私はそう言ってます)あれこれいじっているうちに、ある部品がぽっきり折れてしまいました。
ありゃりゃん。しょうがない。買うしかないね。ないと困るし。

というわけで、先週末に自宅近くの量販店で在庫整理の去年の型落ちを6,000円代(かなり安い)で購入しましたが、予備のインクがなんと5,000円ぐらいして、「びっくリポン」でした。
ついでに、年賀状ソフトの最新版も購入しました。
古いバージョンから移行するのが面倒だと嫌だなと思っていましたが、勝手に変換してくれて問題なく使えたので、ようやくXPの入った古いPCを処分することができそうです。
そんなわけで、暇をみて少しずつ作り、昨日、仕事関係は全部投函することができました。
今日は私的な友人等の分です。こちらは仕事関係に比べれば枚数が少ないのですが、いろいろ書き込むことは多いので、結構手が痛くなったりします。
毎年のことですが、年賀状を出せるということはつつがなく1年の終わりを迎えたということなのですから、(自分が病気だったり喪中の場合は出せない)感謝しなくちゃねと思うのでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する