FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

連合会のweb研修を受ける

 マイナンバーの施行は我々の業界にとって関連性が高く、社労士会から会員向けに様々な情報が発信されてきます。
当然のことながら、業務に伴いマイナンバーの提供を受ける立場の我々は、情報管理について法令を遵守して適正に行わなければなりません。そのために全国社会保険労務士会連合会では、現在行っている個人情報を適正に取り扱っている事務所に対する認証制度(当事務所も認証されています)をさらにパワーアップして、新しい認証制度を作るらしいのですが、それについて話が聞ける研修会が明日、私の所属する埼玉県社労士会でも行われます。
私も参加するように申し込んでありますが、先週、その案内状を確認したところ、「全国社会保険労務士会連合会の社労士版特定個人情報保護評価(e-learning)をご受講いただき、」出席するようにと書いてあるではありませんか。
ありゃりゃん、そういうのがあるのは聞いたことあるようなないような・・・。とりあえず、受講しなくてはと、連合会のHPを確認してみますと、いくつかに分かれているので分割受講が可能ですが、全部で1時間半余りの講座です。
日曜日に一挙に片づけようと昨日、受講しました。

日曜日なら仕事関連のメールや電話もないので、集中して視聴できると思ったからです。
内容は、認証されるための評価書の説明や記入の仕方で、評価書の内容を読むことによって、どのようにマイナンバーを管理するのかが適正なのかが理解できるような感じになっています。
かなり細かく項目が分かれていますが、順を追って記入していけば多分最後には出来上がりということになるのだと思います。
以前、聞いた話だと、実際にそれが行われているかどうか第三者機関が見に来るというようなことでしたが、全国にたくさんある社労士事務所をいちいち見に行くのも大変じゃないのかなと私は思いました。そのあたりのことも、明日の研修で聞けるのでしょう。

連合会の会員専用サイトの中にはe-learningの講座がいくつかあるのは知っていましたが、今まで、受講したことはありませんでした。
私の受講歴に初めて一つ受講済みのものが記載されました。
他の講座は今のところ、年金関係は別として、労務管理関連は、自分でしっかりやっているから大丈夫と思われるような題名なので、受講意欲はわきません。
私は、むしろ、社労士会の外の有識者のいろいろな話が聴きたいなと思いました。
自分の業務関連のことは、自分でいろいろ情報も仕入れますし、社労士仲間に教わることもできますが、外の世界の方のお話しは自分で意識しないとなかなか聴けないですから。
そんなことを感じた「初受講体験」なのでした。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する