FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

ブログは人のためならず

 社労士仲間から紹介いただいて、ある雑誌のある記事を書かせていただくことになりました。
紹介してくださった方が今忙しく、とても原稿を書いていられないし、内容的に女性社労士の方がよいのではないかということと、私の方が絶対にいい文章が書けるからと、私にどうですかと言ってきてくれたのです。
私にも書けそうなテーマでしたし、期限が今月いっぱいと比較的余裕があるのでお引き受けすることになりました。
そのテーマについては、確かブログの過去記事にしたはず、関連判例も前に判決文を研究会の仲間からコピーさせてもらったなどと思いだし、バタバタと資料をひっくり返します。
当ブログはブログ内検索で記事を検索できるので、自分で自分の関連する過去記事をひっくり返して読むことができました。
厚生労働省のHPやネットでもいろいろと情報を集め、構想を練ってから書くことになりますが、ブログを見て、これは皆さんにいろいろお知らせしようと書いていますが、自分のためにもなっているとつくづく感じました。

 自分で書いていて結構忘れてしまっている内容もあり、思わず読みふけってしまいます。過去記事を見ると厚生労働省の関連サイトにリンクしていたりして、情報が簡単に集められます。
我ながら、このブログはなかなかよいぞなんて思ったりもします。
以前の自分が感じたことや行ったことが記録として残っているというのは、なかなか貴重だと思います。
私は、こんなこと考えていたんだ、こんなこと書いてたんだと思いつつ、時には以前の方が良い文章書いていたんではないかと思うこともあります。
「ブログは人のためならず」、自分のためになっていたんですね。
今般のように、原稿執筆するときの資料になったりもして、大いに役立っています。
10年目に入り、更新も滞りがちで熱心な読者の方には申し訳ないなと思っていますが、これは自分のためになると思うと気持ちがまた違ってきます。
そして、昨日の自分に負けないように今日の自分は、もっといい文章書かなくてはいけなんいんだぞと、自分に言い聞かせています。
くだんの原稿を書き始めようかと思っていたら、関与先から退職したかなり高齢の方をアルバイトで雇いたいという相談があり、契約書その他のことであれこれやりとりしているうちに、すっかり時間がたってしまいました。春はもうすぐ。ライバルは「昨日の自分」です。昨日の自分に負けないように頑張ると致しましょう。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する