FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

社労士の情報発信に対する通達

 「社員をうつ病にり患させる方法」等の内容の記事をブログで公に発信したために懲戒処分を受けた社労士については過去記事にしたことがあります(参照)。
最近、その他にも社労士が自分のホームページ等で発信している内容がよろしくないとの苦情が増えているそうで、とうとう厚生労働省労働基準局長並びに大臣官房年金管理審議官より、全国社会保険労務士会連合会会長宛、不適切な発信を防止するようにとの通達が出されました。
先週、所属する県社労士会の研修に行ったときも、会長がご挨拶された際にたとえ少数であっても業界全体に影響を及ぼすので、注意してくださいとのお話しもありました。
私も、自分のブログ、ホームページを開設して、いろいろと発信しているので気をつけなければと思いつつ、過去記事に書いたとおりの思いもあるので、ごくごく微量といってよいのですが、かすかな違和感のようなものも感じました。

少数の社労士のやったことが業界全体のイメージを悪くするというのは事実かもしれません。 社労士と付き合いがなく、どういう仕事をするのかさえ知らない人も多くいます。そういう人にとっては、一人の社労士のやったことでも、それが少数派だということはわからないからです。
でも、社労士と何らかの接点を持ち、その仕事ぶりに満足している人は、「私の知っている社労士はこんなひどいことはしない」と思うのではないかなと思います。
私の周りの社労士は皆さん真面目だし、法令遵守をこころがけていらっしゃるからです。

私が開業した頃、大手企業を定年退職した知り合いが社労士について、「この間社内にいる社労士が年金のこととかいろいろわかりやすく説明してくれた。感じがよくて有能な人だったよ。手続きも全部やってくれて助かったよ。立派な仕事だよね」と言ってくれたことが印象に残っています。
個々の社労士が誠実に業務を行い、そういうことの積み重ねにより評価は変わります。
そういう社労士を見ている人たちは、世間を騒がす社労士がいてもそれはごく一部だろうと想像するのではないか。どの業界にもある一定の割合でおかしい人はいますから。
また、良識ある人たちは「情報リテラシー」能力もあります。ネットで怪しいことを発信する社労士がいても、良識ある経営者なら「この人おかしい」と気づくはずです。
結局、そういうところにひきつけられるのはグレーゾーン的行為をしてもかまわないと考える人たちなのではないか。(私見です)

もちろん、そういうサイトは社会保険労務士法違反の可能性があり放置しているのはよくないですから、厚生労働省が危機感を持って「あなたたち、気をつけて発信しなさいよ」というのは非常によくわかります。検索してみると「社会保険料を安くする」だの「行政の作ったひな形の就業規則は会社のためにならない」「障害年金が必ずもらえる診断書」だのがぞろぞろ出てきますから。
私も県社労士会会長から会員に届いた関連のお手紙の内容を熟読しました。あらためて自分のHP内容の精査もしたところです。
でも、何?私の感じるこのかすかな違和感は?
(この後にいくつか理由を列挙しましたが、時節柄控えようと思い消しました)
来月、懇意にしている社労士仲間と久しぶりに飲み会をする予定なので、いろいろ話してみようと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する