FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

校閲の仕事をする

 雑誌等に原稿を書く仕事をすると、必ず「ゲラ」の校閲作業をする必要があります。
割り付けや活字の大きさ、見出しなどの体裁を出来上がりと同じ状態にしたものを最終チェックする仕事です。
私の所属する社労士会の研究会では、会員が書いた原稿について定例会で皆で討議して推敲して、最終的に専門雑誌に掲載していただいているのですが、その研究会のリーダーを務めているため、出版社に送る前に最終チェックをする役割をしています。
また、そのご縁で同じ雑誌社で毎月だしている別の出版物の校正をする仕事を研究会内でチームを作って仲間とともに行っています。
以前、社労士会支部の広報部長を務めたときには、支部で発行する広報誌の編集・校正作業も行ったことがあり、随分、校閲(校正)を経験させていただいています。
とても勉強になる仕事でありがたいことと感謝していますが、これがまた結構難しいというか、見落とさないようにするのは、やはりある種の「才能」が必要なのでは?と思ってしまうときがあります。

 そう思うということは、自分の力不足を感じることがあるということです。
何度も何度も慎重にすみからすみまで読んだつもりが、ぽろっと見落としたりすることがあり、自分の大雑把な性格が長所にもなり短所にもなるなーとため息をつきたくなることもあります。

さて、ゴールデンウィーク前にある雑誌の編集者の方からご依頼いだいた原稿が、誌面の都合で掲載が一月遅れることになり、忘れた頃にゲラの校正をしてくださいとご連絡をいただきました。
ゲラの校正というのはだいたいいつも時間的余裕がない場合が多いのですが、今回は6日間の時間をいただいたし、もともとは自分の書いた原稿ですので、じっくりと余裕をもって校正をしようと思います。
そう思って、別の仕事にかまけている間に時間が過ぎてしまうというのがいつものパターンなので、今回はなるべく早くとりかかろうと思います。
その雑誌の中でたったの3ページの原稿ですが、私にとっては、書籍等購入して行政の資料等いろいろ調べ、自分なりの見解もまとめて一生懸命書いた大事な原稿です。
しっかりと校正して間違いのないようにしないといけないと思いますが、こういう仕事というのはあまり力み過ぎてもいけないというのが経験則です。
のんびり見たときの方が以外と間違いを見つけるのが不思議です。

社労士になってなかったら、こんな経験もできなかったんだなと思うと、人生何があるかわからないなーと思います。社労士になったのは自分で考え、主体的に行動したからです。
私は、「運命は自分で切り開くもの」、「幸せは自分でつかむもの」と考えていますが、それを少しは実践できているかなと思う今日この頃です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する