FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

ポケモン騒ぎにちょっぴり不安?

 このところアメリカで先行販売された「ポケモンGO」というゲームの話題がメディアでもちきりです。
スマホを持ちながら外に出て歩いているうちに、画面上にポケモンのキャラクターが現れる場所があるそうで、それを集めたり、複数人で闘ったり、キャラクターを交換することもできるそうです。
私は、ポケモンもゲームも興味がないのですが、「仕組みはどーなってんの?誰かがキャラクターを仕込んでるの?GPS機能でどうにかするんだよね?」と夫に聞いても、ガラケー持ってるだけの人なので、回答が得られるわけもなく、「どーいう仕組みなの?」と空しく首をひねっております。
こういうときこそ、ネット住民に聞けばわかるのでしょうが、そこまでする気もなく過ごしております。
しかし、ゲームに夢中になり崖から落ちて大けがをしたとか、交通事故になったとか聞くとちょっぴり心配になります。
訴訟社会のアメリカで訴訟でも起こされたらゲーム会社は大変だろうなと思うからです。

 また、私も日常的に車を運転する身ですから、夜暗い裏道なんかでポケモン探しに夢中になっている人が道の真ん中にいたりして、気づくの遅れたりしたら大変! とも思います。
今朝のテレビ番組では、アメリカで私有地に入り込んだゲームユーザーが出て行かなかったために発砲された事件も起きたとかで、なんか怖いなーと思いました。
同じ番組で、開発した会社が日本の有名ゲームメーカーだということで、誇らしいですよねみたいなことを言っていました。

本当にそうだろうか。あまのじゃくの私は考えます。
企業というのは、社会に対して良いものを作る義務があるはず。だって、この社会で商売して儲けている以上、社会を混乱させるような物作りは許されないはずです。
社会の多くの人が楽しんでいるんだから大変な社会貢献だと考えることもできますが、鉄道会社で人身事故になったりしたら多くの人が迷惑をこうむりますし、そのあたりのことはあまり気にしなかったんだろうか。
面白ければいい、楽しければいいのか。株価が上がり、経済効果さえ上がればいいのか。
こんなことを考えるのは、私がスマホでゲームなどいっさいやらず、興味がないからなのかもしれません。
もし、自分がゲーマーだったら、よくぞ作ってくれましたなんて、今頃日本発売を心待ちしていたのかもしれません。
社労士的には、企業の売り出したものが社会にどういう影響を与えるのか、作り手というのはそういうことも考えて作っているのか、そんなことに興味があります。
日本でもこれから売り出されるそうで、ゲーマーの皆様には、くれぐれも安全に注意して事故のないよう使用していただきたいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する