FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労働保険年度更新の季節です。

雇用保険と労働者災害補償保険を総称して労働保険と言います。


この二つは前年度から継続して事業が行われている場合、毎年4月1日から5月20日までに申告・納付をすることになっています。(条件がかなえば3回に分けて支払うことができる)新しく事業を開始した場合は、開始から50日以内に申告・納付をします。


例年4月1日に事業主宛に納付書が発送されます。それに年度の賃金総額と計算した保険料等を記入して申告して、銀行等で保険料を納付するということが、事業主にとっての毎年の仕事になるわけです。


今年は雇用保険率が下げられることになっていましたが、国会での成立が遅れ、納付書の送付も遅れたため申告期間が6月11日までと大幅に延びることになりました。

社労士会では行政に協力するということで、この申告期間に労働基準監督署に行って受付をしたり、その後申告していない事業主などに対する督促もお手伝いします。


支部でだいたい割り当てられてしまいますので、「私はやりたくありません」なんてことはとても言える雰囲気ではありません。私も来週1日労働基準監督署に行って受付のために詰めていることになりました。


事業主さんの申告書を一応検算したりするとのことですので、徴収法のおさらいをしようと、連休の間にまず社労士試験の過去問をやってみました。意外と覚えていて全般的な仕組みなどはどうにか大丈夫そうです。実務的なことは悲しいかな経験がないので、申告書の記載例などを見て来週の当番日までに勉強しなくてはと思っています。申告書の記載例は事務指定講習でもやりましたが、すっかり忘れています。


何分初めてなので不安です。同期入会で税理士事務所にデスクを置く同じ支部の会員が、彼女が受講した手続き講習会の関係資料をコピーしてくれたので助かりました。それを見て勉強しなくちゃと思いつつ、あまり早くやると忘れちゃうかなあと、まだざっと目を通しただけです。


本番は来週の15日なので、今週後半に頭に叩き込もうともくろんでいます。当日は臨時に雇われる公務員という身分になるそうで、簡単な履歴書なども提出しました。社労士の資格でお手伝いするのに、なんか、行政より下っていう感じがするのですが、長年の慣例なのでしょう。


何事も経験、勉強です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する