FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「保育園落ちた日本死ね」全文を読む

 今年の流行語大賞のトップテンに選ばれた「保育園落ちた日本死ね」が、こんな汚い言葉を選ぶなとか、いや、言葉に力があるとか賛否両論でまたまた炎上したというのがちょっと前です。
今年を振り返り、私の仕事にも多少関連があるので、初めてネットで全文を読んでみました。
保育園に落ちたお母さんと思われる女性が本音を語っているように読めます。
本来親しい友人とか家族に言うような語り口だと思いますが、匿名だから書けるんでしょうか。
それはともかくとして、書いている内容はごく当たり前のことのように感じます。「死ね」だけクローズアップされてしまいましたが、女性の活躍とか言っておきながら、保育所も足りないようでは働けない、特に「保育園増やせないなら児童手当20万にしろよ」このあたり、私とこの方とは意見があいます。
私はかねてより、少子化の解決は「金」しかないと考えています。
子ども一人につき100万円ぐらいの「子ども年金」を払えば解決できるだろうと考えています。

さらに個人に寄りかかり過ぎている教育費を大学まで 無償にするとか、高齢者に偏り過ぎている社会福祉を若い人に回すことを考えるべきだと、かねてより思っています。
そういう話をすると、財源はどうする?という話になりますが、そういうことを考えるために政治家がいるんでしょう?
縦割りで無駄が多い行政事務をもっと簡略化するとか、平均寿命を過ぎたら年金額をほんの少し減額するとか、国全体の経費を大幅に見直すとか、「ふるさと納税」があるんだから「こども納税」でも作って、国全体の子どものために少し税金払ってもらうとか、いろいろあるでしょうが。

この方は、「金があれば子ども産むってやつがゴマンといる」とも書いています。多分、周りにそういう人たちがいるのでしょう。
保育園も増やさない、児童手当も数千円しか払わない、それで「少子化なんとかしたいんだよねーってそんなムシのいい話あるかよボケ」とつづっていて、公の場にふさわしい言葉の使い方かどうかはともかくとして、ごくまっとうなご意見だと思いました。
このような意見は、この方以外にも以前からあったと思います。
それが「日本死ね」という強烈な言葉のインパクトにより、ネットからネタを拾うことに熱心なメディアと一部政治家が飛びついたんですね。
保育所不足がクローズアップされ、その深刻さについて多くの人が認識するところとなりました。
私は、待機児童問題をなくすのは容易なことではないと思います。預ける所があるなら働こうと思うお母さんたちがいるはずで、作っても作っても追いつかないのではないか、それなら、保育園の建設、維持管理に使うお金、預かる子どもに使うお金、もろもろ考えても「子ども年金」配った方がいいのではないかと思います。

でも、「それなら働かない」という女性が増えるのは政府としては困るんですね。女性も高齢者もとにかく働いて税金と社会保険料払ってほしいというのが本音だと思いますから。
それならそうできる環境づくりを積極的にやらないといつまでたっても事態は好転しません。
ただ、労働者になって働かなくても消費税等の税金は払うわけだし、ばりばり働いてキャリアを積み上げたいという女性もいれば、そこまでではなくてもゆるやかに働きたいという女性、のんびり主婦やりたいという女性もいるはずで、個人を尊重して多様な生き方を認め合える社会になってほしいと思います。
それも政治家の仕事ですよね。って、現政権が「個人の尊重」とかあまり重要視しているようには見えませんが。
「日本死ね」はネット社会だからこその流行語(そこまで流行したとは思えませんが)だろうと思います。
当該筆者も匿名でなかったらこのような乱暴な言葉で文章は書かなかったでしょうし、ネットの中で一気に拡散し、前述のようにメディアと一部政治家が後追いした結果だと思います。
当該筆者であるお母さんが穏やかなお心を取り戻して、お子さんともどもお元気で暮らしていらっしゃることを祈りたいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する