FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

名刺の整理をする

 昨日、社労士会支部の忘年会があり、その前にボウリング大会などもあり楽しいひと時を過ごすことができました。そのときに、「年賀状書いた?」とある方から聞かれ、「まだですー。そう言われると焦りますねー」などという年末らしい話題がありました。
私としては、その前に許容量を超えてなおかつだまし、だまし?使っていた名刺ホルダーを何とかしなくてはと、本日、以前購入したままになっていた新しい名刺ホルダーにはみ出した分を入れるなどして、整理整頓することにしました。
中には故人となった方もいらして、「逝去」と書き込んだり、所属する研究会関係の名刺では退会された方も結構いるので、「退会」と記入したりしました。
シュレッダーにかけてもいいのですが、名刺というのは、特にに社労士からいただいたものは、なんかその人の気持ちがこもっているような気がして、なかなか捨てるということができません。

 写真が入っていたり、似顔絵が入っていたりお花や葉っぱなどの絵があったり、皆さん結構工夫していらっしゃいます。
しかし、こう、どんどん増えると大変だなーと思います。今や名刺ホルダーが3冊です。
「みんな、名刺整理ってどうしてるんだろう」と独り言を言ったら、当事務所のオーナーで当事務所にとっては外野の人(夫)が「スキャンして電子データ化したら?」と言います。
なるほどー、それもいいかもしれないが、かなりのページ数がありすべてスキャンするのも面倒なような気も・・・。
それに、いただいた名刺はやはり「現物」の方がいいような気もするし。
当分は、アナログでやっとくか。とどうにか整理整頓ができました。このところずっと気になっていたことが終わって、ちょっといい気分です。

日本は、労働者の質は高いのに人口が多いということと、長時間労働をしているために一人当たりの生産性が非常に低いというようなことをネットで読みました。
無駄な会議や報告書の作成など、ビジネスの分野で削れそうなことはたくさんあるのに、なかなか進まないというような投稿もありました。
もしかして、名刺の整理ももっと効率的なやり方があるのだろうか。
検索してみたらクラウドで管理するというソフトがあるんですね。紙データはこれから多分どんどん消えていくんでしょうか。
私が「クラウド」という言葉を初めて聞いてからまだ数年だと思うのですが、今や様々なデータ管理で当たり前に使われています。
10年後にはどんなことになっているんだろう。まあ、私もどうなっているかわからないし、そんなこと考えるより、今やるべきことをしなさいと、内なる声にせっつかれ年賀状のデザインを考える私なのでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する