FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

事実は小説よりも奇なり?

 昨日の証人喚問、午前中は仕事をしていましたが、午後は我慢しきれなくなりラジオを聞きながら仕事しました。
当事務所、テレビがないのですが、ネットで中継もされていましたから映像も時々見ました。
私見ですが、ちょっとした「小悪人」?と思っていた籠池氏が堂々としていたし、午前2時間、午後2時間、時には恫喝ともとれるような尋問口調の与党議員に対して、「今のは質問ですか?」と切り返すなど、なかなかタフだなーとある意味感心してしまいました。
なかなかやりますなーと感じてしまい、ちょっぴり苦笑です。
その後の外国特派員協会での記者会見では、「首相の悪口を言ったぐらいで私人を証人喚問するなんて異常事態です」というようなことを語っていました。

 発端は、国有地の払い下げを超格安で行ったことについて政治家の関与があったのか、ないにしても何故そんなに安くしたのかということを明らかにすべきというところだったと思うので、当事者である籠池氏の証人喚問については必要があればやるでよいと思いますが、一方の当事者である近畿財務局の役人や名前の挙がっている政治家、及び安倍首相夫人については証人喚問しないというのは、やはりフェアではないという印象を持ちます。
結局、すべては政治的な思惑の中で動いているのだろうか。それにしても、くしくも籠池氏が「事実は小説よりも奇なりです」と言ったとおり、さまざまなことが裏でうごめいていたんだろうかと想像させられ、小説読むより面白いかもと思ってしまいます。

今朝の朝日新聞に有名外国人タレントが「バラエティー番組を見ているようだった。テレビ局はゴールデンタイムに放送したかったでしょうね」と語っていて、笑ってしまいました。確かに、夜放送したら視聴率とれたかもしれません。
昨晩、安倍夫人がフェイスブックで反論した全文も報道されていました。首相夫人は法的には一私人ですから、何を発信しようと自由だと思いますが、自分が清廉潔白なのなら、そのような私的な文書ではなく、記者会見でも証人喚問でも受ければいいのにと思います。
日本会議を応援しているようですから、今回の一件で、「家庭内野党」などと言われながら、やはり夫唱婦随、似た者夫婦だったんだなということがわかりました。
与党は、嘘つきだのなんだのと感情的な議論ではなく、客観的事実や証拠を示して何故国有地が破格の値段で払い下げられたかについて、国民に説明するべきだと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する