FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

お客様は先生です。

 あるご縁により都内の新規のお客様と契約することになり、本日無事契約書を取り交わしていただきました。
当地は午後から良い天気となり、おりしも大安吉日です。守秘義務がありますからこれ以上書くことは控えますが、メトロを降りてぶらぶら歩いているうちに、季節がすっかり動いていることに今さらながら気がつかされました。
店先にバラの花の鉢を置いているお店があったり、街路樹のイチョウの緑が美しかったり、そうか、もうすぐゴールデンウィークだものね。
人ごみと行列が嫌いな私にとってゴールデンウィークは出かけたくない時なので、子どもたちが巣立ってからは、のんびり過ごすかたまった仕事を片付けるか、どちらかになるので、あまり気にしていなかったせいか、季節の移ろいにもうっかりしていました。

思えば 社労士になって10年あまり、社労士になっていなかったら絶対会ってなかったんだろうなと思われるお客様やその他の相談業務での出会いがありました。
お客様に「〇〇についての社内規程を作りたいんですけどね」と言われ、〇〇は社労士としては専門外ですが、勉強すれば何とかなるし社内規程は私の分野だと思い、専門書籍を何冊か買い込み(ネットですぐ買えてホント便利です)勉強したり、「△△の社内制度を作りたい」というご相談があれば、△△についてまたまた「にわか勉強」する、ある特殊な業種のお客様から就業規則作成の引き合いがあったときには、その業界特有の法律について調べまくるなど、その都度その都度、必要な知識と情報を頭に仕入れて仕事をしてきました。

今や、私も何とかいっぱしの社労士になってお客様から「先生」と呼ばれています。
でも、実は、私こそお客様のお陰でいろいろなことを勉強させていただいているのです。
お客様からのご相談がなければ、勉強しなかったようなことをたくさん勉強してきました。お客様こそが私の「先生」だと、最近思うようになりました。
当地の今日はさわやかな風が吹いている陽気です。
いただいたご縁を大切に、これからも自分の道を進んでいこうと思ったのでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する