FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「みんな元気」が一番

 私は、2007年(平成19年)特定社労士となるための63時間の研修と試験を受けました。合格発表は翌年だったのですが、研修の最後の方でグループ学習があり、みんなで相談して課題を完成させるなどの授業を受けました。
その時のグループメンバーは10人でした。そのうち、遠方の人、退会した人2人を除いた8人で、いまだに年に1、2度飲み会をしています。「〇〇〇会」という名前までつけてます。
全員社労士としてそれぞれ独自の面白い活動をしています。支部が同じ人や同じ研究会に所属している人もいるので、個別には会うことも多いのですが、みんなそろうのはこの「〇〇〇会」のときだけで、必ず一人ずつ「近況報告スピーチ」をするのが恒例です。
昨日も、8人のメンバー全員がそろって飲み会が開催されました。幹事はいつも私が務めます。

 この3月、私が所属する社労士会の研究会の仲間の1人が突然亡くなるというショックな出来事があったばかりだったので、全員が元気にそろって来てくれたことが何よりもうれしかったです。
みんな、元気でいてくれてありがとう。そんな気持ちが湧いてきました。
そんな思いからか、「これからも元気でいる限り私が幹事やりまーす。」と宣言してしまいました。
思えば、研修を受けてからもう10年がたったのです。時の流れは本当に早いです。
客観的に見れば、みんな年をとったのかもしれませんが、会って話しているとみんな少しも老けたようには見えません。(私もそうありたいという単なる願望か?)
仕事の話、私生活の話、とりとめもない話、いろいろ話して、二次会にも行って少々酔っぱらって帰路についたのですが、家に帰ってから、いつも撮っていた集合写真を撮るのを忘れたと思いました。
うーん。残念。でも、みんな元気が一番。みんなの笑顔を思い出しつつ、みんな、ずっと、ずっと元気でいてねと思うのでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する