FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる12年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「今が一番幸せ」と言えますか?

ちょっと前の話なのですが、先週の土曜日に所属する社労士会の支部で新入会員歓迎会がありました。
毎年の恒例行事で、私も入会した年は新人として歓迎していただいたので、その後は、毎年、歓迎する側として参加しています。
今年は7人の新入会員(ここ3年以内に入会した会員)がいらして、年齢も幅があり、開業している方、現在企業や社労士事務所に勤務中の方などバラエティに富んだ方たちでした。
企業などでは、ここまでバラエティに富んだ人たちに会うということはなかなか少ないと思いますので、社労士会の良さのひとつです。
新入会員のご挨拶、先輩会員の励まし?のお言葉など、いつものように進み、その後は宴たけなわとなり、席を移動して親睦を深めるといういつものスタイルでにぎやかでした。
私も新人の方を中心にご挨拶に周り、自分の席にもどってみると隣の席の会員が入れ替わっていて、いつも冗談を言い合うF会員が座っていました。


周りの席の会員も交えて、ひとしきりおしゃぺりをしましたが、Fさんが「わしは、今が一番幸せだよ。みんなとゴルフやったり、時々仕事して報酬ももらってるし・・・、仕事もいろいろ大変だけど自分なりに全力でやってるからね」というようなことをおっしゃいます。
彼は長くある公的な組織にいてかなり上位に昇りつめ、その後民間企業に移り定年退職後に開業登録された方です。洒脱な人柄で、私が以前支部の広報部長を務めたときに副部長をしていただいて、編集について丁々発止とやりあったこともありますが、次第に打ち解けて、私をよく理解してくださった方です。
そんなこともあり、支部で会うとよくお話ししています。
でも、「今が一番幸せ」とおっしゃるのは初めて聞きました。
過去に成功体験がありながら、それを自慢することもなくいつも謙虚に自然に振る舞っていらっしゃるのは、そんな心持のせいなのだろうかと、あらためて感心してしまいました。

振り返って、私はそう言い切れるかなと思うと、もちろん、「今、幸せです!」とは言えますが、「一番」と言えるだろうか。過去にあった様々な幸せなことと今を比べてしまうからいけないのですよね。
もともと過去にこだわりはない方ですが、「今が一番幸せ」と言う言葉がそれからかれこれ1週間たつ今も時々耳に響いてきます。
そうありたい、でも、もしかしたら未来はもっと幸せかも。
そんなこと言うからいけないのかな。今が一番幸せになるように今を大切に生きていくということが大事なのですね。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する