FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

小冊子の執筆させていただきました

清文社小冊子働き方改革2 当地は毎日外はサウナ状態が続き、仕事等を除きなるべく外に出ないようにしています。異常な暑さに気象庁が「災害」ととらえるようにとの警告を発したそうですから、何となく危機感がつのります。
 さて、そんな中、かねてよりご依頼をいただき、執筆させていただいた小冊子『労働基準法改正のポイント 働き方改革で変わる労働時間制度』(株式会社清文社発行)が出来上がり、当事務所宛送ってくださいました。
 担当編集者様は私よりずっとお若い有能な女性です。とても気持ちよく仕事ができました。このようなご縁ができて感謝しています。

 思えば、ご依頼いただいたのは昨年の2月ごろでした。働き方改革の一環で労働基準法が改正になるということで、労働政策審議会の要綱が出たころでした。法律改正についての解説を書いてほしいとのご依頼でした。
全国の法人会、商工会議所などに購入いただく小冊子をいろいろ出版しているそうです。
この出版社とは今までお付き合いはなく、メールでご依頼いただき、その後お会いして国会で承認されたらすぐに出したいので、執筆を進めてほしいとのことでした。
私のことは、ブログを読んでいただき、その後、私が過去に雑誌等に執筆した記事をいろいろ読んでくださって、是非にとおっしゃってくださいました。
私も遅かれ早かれ勉強しなくてはならないテーマですから、書かせていただくことはすぐに決めました。

法案は、その後、国会に上程されるまで紆余曲折がありましたが、どうにか今月6日に公布されました。
小冊子ですから、A4半分の大きさで52ページですが、改正法の解説ばかりではなく、判例のご紹介や労働時間に関するQ&Aなど、私が開業してから10年余りの間に勉強したことを入れることができました。
何となく、一つの区切りができたようでうれしい気分です。
小さな、小さな小冊子ですが、私にとっては、自分の勉強したことがたくさん詰まっています。
「頑張ったね」内なる声に励まされ、私を見つけて声をかけてくださった編集者様に感謝しつつ、これからも頑張ろうと思うのでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する