FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

学び合い高め合う

 昨日、ある案件を考えていた私のもとに「質問です」とある社労士仲間からメールがきました。
私の得意分野のことに関する質問と意見聴取というような感じですが、「そんなもん、いくらでも教えて差し上げますよー。」と命題に対する「最適解」(と思う)を快刀乱麻?のごとくメールで返信をしました。
そして、考え込んでいた案件について、私も社労士仲間に教えてもらおうと、その分野が得意なのは、はてと考え、「そうだ! 〇〇〇さんがいたじゃない。彼ならきっといいアドバイスがもらえる」と早速電話をしてみました。
案の定、気さくに丁寧に「なるほどー」というような「最適解」が快刀乱麻のごとく導き出されたのでした。
守秘義務がありますから、こんな書き方しかできないのですが、私たちの仕事は本当に範囲が広いです。労働、社会保険諸法令の専門家ということになっていますが、労働法だけでもたくさんあります。労働基準法、労働契約法、労働組合法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、パートタイム労働法、男女雇用機会均等法、育児介護休業法、雇用保険法、派遣法、思いつくままに書いてみましたが、もっとありますし、その他に省令や告示もあります。


 それに社会保険関連、年金、介護保険なども社労士の守備範囲です。とても一人でカバーできるような量ではありません。
私も自分が苦手とする手続き関係の書類作成などについては、仲間の社労士に教えてもらうことがあります。
助けられたり、助けたり、そんなことはよくありますが、お蔭で何とか仕事が滞りなくできています。ありがたいことですね。
質問されて答えるときには自分もあらためて確認しますから、学びの時間でもあります。社労士同士が学び合い、高め合うこと、そして、それがお客様のためになり、社労士のスキルアップにもなるという良い循環が生まれます。
仲間との交流を大切にしなくてはいけないなと思うのでした。みんな、ありがとう!!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する