FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる12年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労働条件はしっかり確認

 会社等で雇われて働くうえで、仕事内容はもちろんですが、労働時間、賃金、休日、休暇、就業場所などの労働条件はとても大切です。
労働基準法では、重要事項と思われる一定の労働条件について文書で交付することを規定しています。学生のアルバイトであっても例外とはなりません。
また、最低限の労働条件を規定している労働基準法に違反していた場合、たとえ雇用契約書に書いてあり、記名押印して契約が成立していたとしても、法律の内容が最優先されますから、法違反の契約内容は無効となります。
学生アルバイトの場合、そのような基礎知識ももっていないことが多く、いわゆるブラックバイトが横行しているようです。
厚生労働省でも、周知に力を入れていて専用サイトを作っています(
参照)。4月から7月まで、キャンペーン期間として周知啓発活動をするそうです。

 スマホのアプリでもサイトの確認ができ、若い人向きにアニメのキャラクター風の絵がなかなか目を引いて、気軽に見ることができるようになっています。
最近の若者は、スマホで何でもできちゃうので、パソコンを利用しなくてなっているため、キーボードの操作もおぼつかず、Word、Excelも使えないなどという話を聞きますが、それならそれでスマホのアプリで周知啓発するというのも必要になるでしょう。
私も、事務所ではパソコンを多用していて、常にパソコンの前に座っていますが、自宅ではなんでもスマホですましています。
免許取得以来、長年加入しているJAF(日本自動車連盟)の会員証やよく行くデパートやスーパーのアプリ、携帯電話会社のアプリなど、いろいろ取り込んで自宅ではパソコン使わなくなりました。

そんなわけで、「ちっちゃなパソコン」でもあるスマホが手軽で便利なのでそっちを使うというのはよくわかります。
スマホ対応に力をいれて周知啓発するのはとても良いことだと思います。
最近の行政のサイトは私が開業した2006年の頃に比べたら、情報発信のスピードも早いし内容もとても充実していると思います。
私も仕事に必要な情報はまず行政のサイトからもらいます。
法改正の情報なども衆議院の該当サイトや労働政策審議会の該当サイトをみると、結構わかるので、便利になったなと思います。

なんか、テーマからずれてしまいましたが、学生の皆さんにはこのようなサイトを利用していただき、ブラックバイトにひっかからないように、法令遵守している健全な事業所を選んでいただきたいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する