FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

電気に頼る生活のリスク

 台風15号で被害を受けた千葉県の様子が報道されるにつけ、停電となった場合の大変さがよくわかりました。
考えてみると、わが家も電気が止まると家電製品だけではなく、スマホは充電できない、固定電話も使えない、ガス湯沸かし器も電気と連動してるし、マンションなので水道はどうなってるんだろう、モーター等でくみ上げてるとしたら、使えない?そういう仕組みも私はわかってない、なんて能天気と反省しました。
でも、局地的な被害だったら、被害を受けていないところに逃げれば何とかなる、しかし、日本全体がそうなったらどうする?そんな話を、昨日所属する社労士会の研究会のメンバーと話しました。
蓄電の技術はまだまだ進んでいないらしい。とりあえず発電機はいるか、自分のところで太陽光発電の小規模なものをするか、そんなことは、以前にも考えましたが、実行には至っていません。
真剣に考え、実行に移すべきなのか、あー、考えることが多すぎる。
困ります。被害に遭われた地域に1日も早く電気が通りますように。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する