FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

小冊子を執筆させていただきました。

小冊子2019-09 所属する社労士会の研究会を通じてご縁のある株式会社税経の編集長からご依頼いただき、「働きやすい職場環境を整える 労務管理のポイント」という小冊子を執筆させていただきました。A5版で59へ―ジの小冊子です。
 今年度の始めにお話があったときには、あまりにも大きなテーマだし、どんなことを書くかすぐには思い浮かばなかったのですが、「是非、先生に書いていただきたいんです。」とおっしゃっていただき、覚悟を決めてお受けすることにしました。
 正式のご依頼をいただいたのが5月の半ば頃で、締切り予定日を最初は7月末ぐらいの予定でしたが、間に様々な仕事を抱えてしまい、とても無理だと思い8月のお盆明けまで伸ばしていただき、どうにか間に合わせることができました。

 私が考える働きやすい職場は、やはり法令遵守、事業所の実情に応じて法定以上の労働条件とするということが基本です。
事業主さんたちは日々忙しくて労働法を勉強する暇などないのですが、法令遵守の意識があるとないとでは全く違ってきます。
法令についてわかりやすく解説して、とにかく知っていただくことが第一歩だろうなと思います。もちろん、法律をふりかざすだけでは解決できないことがたくさんあることも、社労士になってから経験してきましたが。
特に、労務管理上、問題となる点などを取り上げ、判例や私が作った社内規定例なども入れて、A4で30枚ほど書きました。
書くのは嫌いではありませんが、たまたま、別の執筆のお話があったり、関与先でちょっと勉強しないと追いつかないような案件がでてきたり、新規のお客様からプチプチトラブル案件が持ち込まれたりと、時間がそちらにとられて、最初快調に進んでいたのに、6月から7月にかけてほとんど書けない時期があり、かなり焦りました。
でも、どうにか完成させることができて、ご依頼主様にもご満足いただいたようで、ホットしているところです。

開業したての頃、漠然と執筆の仕事などもできたらいいなと考えていましたが、それが現実になっているのは、本当にうれしいことです。
執筆の仕事のご依頼については、基本的に「きたら断らない」でやっています。これからも、楽しく生き生きと自分の道を歩いていこうと思う今日この頃です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する