FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

社労士としての道のりを考える

台風が激甚災害に指定されたり、ラグビーワールドカップに一喜一憂したり、即位礼正殿の儀に平安絵巻を連想したりしているうちに日々が過ぎて、当地は昨日の肌寒い 雨模様から一転して今日は秋晴れで、青空が美しいです。
こんな日はウキウキとどっかに出かけたくなりますが、仕事をしないと・・・。
過去を振り返る間もなく仕事をしてきましたが、最近、就業規則の見直しの仕事を立て続けにお引き受けしているせいか、社労士になりたての頃と法律も結構変わったなーと思うことが多くなりました。
多分、次の10年の間に随分変わっているか、変わらずにこの国が沈んでいるかもしれないと思います。
それはそれとして、開業してから14年目に入りましたが、最初の頃の自分は、いろいろとわかってなかったなーと思いだしても冷や汗が出るようなこともありました。
その都度、自分で調べたり勉強したり、社労士の先輩や仲間の社労士に教えてもらったりして乗り越えてきました。
最近は、随分知識も身についてきて、手続きの細かいことなどはからきしダメですが、労働法関連のことや就業規則などについては、お客様の質問にも自信をもってお答えできることが増えました。
と言ってもすべてがわかるわけではないです。毎日、新しいことの発見の連続です。楽しいしうれしいし、ちょっぴり「ひょえーっ」となるときもあります。
そんなこんなで、いつの間にか長い道のりを歩いてきたなーと思うこの頃、これからどこまで続くのか、どこへ行くのか、自分でもわからなくなってきたのが正直な気持ちです。
毎日、元気で仕事をやれる幸せをかみしめてこれからも頑張ろうと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する