FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

傷病手当金と育児休業給付のW受給(2)

 11月26日付の記事で、表題の件について書きました(参照)。傷病手当金受給中に出産して育児休業に入った場合、傷病手当金を受給しつつ雇用保険の育児休業給付も受給できるかということが、私の所属する社労士会の研究会で話題になったという記事です。
傷病手当金は健康保険の給付、育児休業給付は雇用保険の給付で、出所が違うということと、併給に対する法的な規定が何もないため、併給できるだろうという意見があり、規定がない以上、そうかもしれないけれど、私としては釈然としないなと思ったのでした。
両方の受給で給料の100%超えるし、傷病手当金を受け取っている人は、そもそも労務不能の状態です。それに対して、育児休業給付は、労務はできるが育児のために労務を免除してもらい、その代わり給料が出ないまたは低額になった人についての給付で、すでに労務不能になっている人がなんでまた休業を要求するのかなと思うからです。
しかし、問題提起した当該会員が厚生労働省に問い合わせたところ、法的に規制がない以上出しますとの回答だったそうです。


 の会員は、都内の二つのハローワークに問い合わせたときには、両方ともダブル受給はできないとの回答だったそうです。
その旨厚生労働省の担当官に言ってみたところ、「雇用保険の傷病手当と間違えたかもしれませんね」と言われたそうで、そんなのおかしいと思うけどねと話していました。
いずれにしても、法的規制がないので受給できるというのが現在のところ、厚生労働省の見解だったと、今月の例会の席で教えてくれました。
ふーん。そうか、そういうケースに出会ったら、両方請求してあげないといけないねという話になりました。
私としては、納得はしていません。
私の疑問に対する答えにはなっていませんから。
法的根拠がないからという理由も、「法的根拠がここにある」と言われるのとちょっと違いますね。
多分、そういう事例がたくさん出てきたら考えるのかもしれません。
健康保険でも、海外在住の被扶養者を認めていましたが、来年4月からは原則国内居住者に限定されることになりましたから。

そんなわけで、今年もあと2週間、年賀状も手付かずですが何とか今週中には着手しないとと思う今日この頃。これから益々気ぜわしくなりそうですが、皆様、お元気でお過ごしください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2019年12月17日(Tue)16:48 [EDIT]