FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

発表会の準備をする

 私の所属する埼玉県社会保険労務士会には、会が公認して会員が自主的に運営する研究会が15部会あります。
3部会ずつ交代で研究の成果を発表する発表会が毎年年度末の3月に開催されます。以前は2月の開催でしたが、発表会の前日に大雪が降ったりしたこともあり、何とか開催はしましたが、なるべくリスクを減らそうと3月開催に変わったのです。
15部会のうち3部会ずつということで、発表の順番が5年に一度回ってきます。私が所属する部会にも今年5年ぶりに順番が回ってきて、現在、プロジェクトチームを作り準備を進めているところです。私は現在この部会のリーダーを務めているので、とにかく、私も含めてメンバーが元気に当日を迎えられれば、もうそれで、少々失敗しようと何しようといいという気分でいます。
誰かが不測の事態で来られなくなったときのサポートメンバーなども決めていて、その会員にも会合に参加してもらっています。危機管理ということでしょうか。

 実は、私はこの部会のリーダーを6年半近く務めていますが、今年度限りでリーダーを退任して4月から新リーダーにバトンタッチすることになっています。
いわば、リーダーとして最後のご奉公といいますか、集大成といいますか、そんな思いで準備に励んでいます。
前回の順番のときは、リーダーに就任して1年半しかたっていないときでしたが、何とか思っている通りにできて自分としては満足でした。
そして、4.~5年でリーダーを退任するつもりでしたから、また、リーダーとして発表会を迎えるとは思ってもいませんでした。
リーダー交替まで紆余曲折があり、結局、また発表会を責任ある立場で迎えることになりました。やはり一会員とは気持ちの重さが違います。部会内の出来事のすべての責任は自分にあると常に思っていますので。

でも、これがリーダーとしては最後だと思うと、感慨深いものを感じます。もちろん、一会員となってこれからも勉強は続けるつもりですが。
いろいろあったなー。
おっと、回顧するのはまだ早い。発表会を無事終了するまでは暴飲暴食ご法度。インフルエンザ、ノロウィルス、新型コロナ、様々な病原体に負けないように免疫力を高めなければ。
発表会開催まで1月余りです。
今月は年度末までに就業規則改正を終わらせたいとするお客様がにわかに動き出したりして、仕事もあれこれ動き出していますので、気のぬけない日々が続きそうです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する