FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

新型コロナウィルスの蔓延?

 思えば、私はそこそこ長く生きていますが、今般の新型コロナウィルスのような「事件」は経験したことがなかったなと思います。
正体不明のウィルスが他国から侵入してきて、じわじわとこの国に拡大していくという状況です。もしかしたら今後「パンデミック」とやらになるのかもしれないという恐怖や不安も感じます。
エボラ出血熱だのSARSだのMARSだのという何やら恐ろし気な伝染性の病気も、それほど身近に感じないですみました。
しかし、今般は、とうとう日本国内で死者がでたことや、都内のタクシー運転手さんがかかったというニュースにより、にわかに身近な問題となりました。
2週間以内に渡航歴がなく(その前のことは発表されていません。何故?)肺炎患者との接触もない千葉県の20代会社員男性も発症したとのニュースもあり、ウィルスがすでにいろいろな所にいる状態なのだろうかという思いと、なんとなく行き当たりばったりに見える政府の対応が気になっていたので、やっぱりねという気もします。


 私は、個人的には現政府にいろいろな局面で疑問を感じているので、このような危機を乗り越えることができるのか心配ですが、今は頑張って何とかしていただくしかないですね。とりあえず、早く病院などの受入れ体制を整えて、患者の急増に備えてほしいと思いますが、昨日の厚生労働大臣の会見などを見ていると、心もとないなと思います。
この病気にかかると、仕事はどうしたらいいんだろうか。
外に出ることはできないし、それが1か月ぐらいでしょうか。夫とは同じ事務所で仕事をしているし、自宅も二人ですから、どちらかが感染すれば他方も危ないですし、一蓮托生、運命だと受け入れるしかないと思いますが、重症化したときには、長期間お客様に対応することができないで困るなーと思います。
一人で仕事しているのは、やはりリスクなんですね。

というわけで、最近は手洗いに熱心に取り組んでいます。「もしもし亀よー、かめさんよぉー」の歌を2回歌うと30秒になり、そのぐらいは丁寧に洗うこととテレビで解説していたので、電車に乗って帰ってきたときなど実行しています。
たまたま、この騒動になる前に買っていた携帯用のアルコール消毒スプレーがあったので、それも時々使っています。
車で外出することも多いですが、考えてみると不特定多数の人が触った場所にはしょっちゅう触っています。エレベーターのボタンや駐車場の発券機のボタン、買い物に行けばカートの持ち手、品物だって、誰かが触った後買わずに戻している場合もあります。
うーん。手洗いの他には換気も大事だそうです。とにかく自分でできることをやって自衛するしかないんですね。
皆様も十分、お気をつけください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する