FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

ステイホーム特需?

 今般のコロナ禍で観光業、飲食業、スポーツジム、娯楽施設、タクシー業界など、売上が激減した業種がたくさんあります。前年比9割減とか、休業すれば0ですから大変な打撃です。
他方、売上増大の業種もいろいろあるようです。
日常的に買い物に行っている私の目に入るのは、品薄になっている棚です(私の事務所や自宅近辺での話です)。
ドラッグストアでは、相変わらずマスクは見たことがない、ひところほどではありませんが、トイレットペーパーやティッシュペーパーがやはり、少な目、キッチンタオルやハンドペーパーなどはないときが多いです。
消毒関連商品、体温計もないですね。
スーパーでは、何故なのかパスタと小麦粉がないです。なんで? ステイホームで日持ちするパスタはわかりますが、小麦粉が何故? 
さらさらダマになりにくいとか、すごく高価なものしかなくて、先日、トンカツを揚げるのに必要で仕方なくそれを買いました。
それらが「特需」と言えるのかわかりませんが、それは私のごくごく狭い身の周りの出来事です。
本物?の特需としては、在宅勤務の影響でノートパソコンや周辺機器の売れ行きが2月以降増えているそうです。

 れから、対面での感染を避けるための簡便な衝立式のアクリル板なども開発した会社があり、製造が間に合わないほどの注文があるとか。
工事なしで、置くだけですから、役所の窓口や飲食店、個人宅のテーブルなどでも利用されているそうです。置いただけのアクリル板が効果があるのか、私にはよくわかりません。完全に天井まで覆わないといけないんじゃないのかと思うのですが、このウィルスの飛沫は高く舞い上がるというより、大きいのは下に落ち、小さいのが、時に空気中に漂う、だから換気をよくしないといけないということらしいですが、衝立によりだいぶリスクは減らせるのでしょうか。
でも、接触感染もあるのだから、テーブルとか椅子とかそこにもウィルスが付く可能性がある、そういうこと考えるときりがないので、結局は、不特定多数の人が接触したものに触ったら、その手を消毒するか丁寧に洗うかするまで絶対に顔、目、鼻、口などを触らないということが大事みたいですね。
それがなかなか難しいですね。無意識のうちにかゆくなってかいたりするときもありますし。
でも、最近は、私もかなり神経質になって、緊張感をもって買い物などに出かけています。

その他にも本の売れ行きもステイホームのせいか好調のようです。
先月、連休に読もうとある人気作家の新刊書をネットで買おうとしたら売り切れでした。
みんな、おんなじようなこと考えるんだねーと、今まで読んだことのなかった純文学作家(ご本人がそう自認していらっしゃる)の新作を買いました。
ネットでインタビュー記事を読んで面白そうだなと思ったからです。簡潔な文章ですが言葉がよく練られているような感じで内容が濃い文章です。
面白いですが、以前のように寝る間を惜しんで一気読みという荒業ができなくなりました。
寄る年波には勝てません。ゆっくりじっくり読み続けています。
その他、デリバリーの配達やネット通販なども多分売上が増えているでしょう。まだまだ、隠れた特需がありそうですが、そんなこと考えてどうする?
うーん、何をどうするわけでもありませんが、世の中の動きを知ることは大事でしょと思うのでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する