FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

当たり前のことを当たり前にできる幸せ

 随分久しぶりに更新をします。
詳細について、今は書くことは控えますが、よんどころない私事都合により2週間ほど事務所を夏季休業としてブログの更新もできませんでした。
どうにか問題が解決して今週から事務所業務を再開しております。
今、当たり前のことが当たり前にできるっていいなという心境で、心機一転、これからもより良い社労士として仕事ができるように研鑽を積んでいきたいと考えています。
今年に入ってからコロナ、コロナで明け暮れてるうちに社労士会でも会議や勉強会などをやる機会が減り、私も電話やメールはしていますが、仲間の社労士と会う機会がなくなりました。
仕事の話などしたい場合もあるのですが、それもなかなか機会がないです。
「withコロナ」と言っても政府の対策に安心材料が見当たらないので、むやみに人と会うことも公共交通機関に乗ることも買い物も極力控え、その分ネットでの買い物が大幅に増えました。
結局、感染対策をしないことが経済を回すことと勘違いしている人が政府内にいるのか、全く逆ですよね。
たとえ感染したとしても、無料でいつでも検査が受けられ、十分な信頼できる医療体制の中で治療や隔離対応がとられるとわかっていれば、みんな安心して買い物も外食も旅行もできるのではないかなと思います。
そういうことが一切なされていないで、自治体丸投げでは国民は不安に思うばかりです。
社会保障制度といっしょですね。老後の不安があるからみんな貯蓄に走る、むやみとお金を使えない、安心できる制度を構築して見せてくれれば随分違うのに、そう考えると、結局、この国はなんにも根本的には変わらないんだねと思う今日このごろ、セミがにぎやかな昼下がりでございます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する