FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

オンラインの良さを実感する

スペイン風邪 」のことは小説や何かの読み物で読んでいるので知っていました。
大正時代に世界的に大流行して日本でも多くの死者を出したという程度の知識しかないのですが、同じように感染症に上陸されて、今、大変な状況にあるわが国ですが、当時と大きく違うのはデジタルの発達です。
離れていてもオンラインでつながれれば、顔を見て会話もできるし電子データで必要な書類のやりとりもできます。
そうなってくると、今まで特に疑いもなく普通にやっていたことが実は結構無駄だったかもと思えることに気がつきます。
例えば、私も、仕事がら新しい知識と情報は常に仕入れなければなりません。自分に必要だと思えばお金も時間もかけてセミナーを受講したりしていました。
しかし、コロナ禍により電車で都内に行くのも大勢が集まる室内に入るのもご遠慮したい気分です。

 さすがにビジネスとしてそのようなセミナー等を主催している会社も、オンラインセミナーやウェブセミナーに力をいれています。
セミナーの動画なども販売しているので、私も買ってみましたがこれが結構らくちんで便利なことに今さらながら気がつきました。
送られてきたIDとパスワードで資料をダウンロードできるし、動画の視聴はいつでも期限もなく何度でも視聴できるとのことで、細切れでも受講できるし自分にとって必要なところだけを視聴することもできるし、電子データで資料を保存できるので、セミナーに行って紙データをもらうよりずっと使い勝手がよいと思います。

先日、あるオンラインセミナーを受講しましたが、こちらは生配信なのでまさにその時間にしか視聴できないのですが、あらかじめ資料をダウンロードしておいて講師のお話を聞くという形式でした。こちらもわざわざどっかの会場に行く必要もなく、事務所で視聴することができるので便利だなと思いました。
全国で3,000人も受講したそうで、そんなに大勢の人と知識の仕入れを共有できたのかと、デジタル世代には当たり前のことかもしれませんが、昭和生まれのおばさんとしては感慨を覚えたというとオーバーかもしれませんが、それに近い感情は抱きました。
やはり便利なツールは便利に使おうと思った次第です。

音楽もお芝居も生ならではの息遣いや生身の人間の発するエネルギーを感じることができるし、仕事でも私的なことでも生身の人に会う良さはたくさんありますが、ただ単に知識と情報を仕入れるだけのセミナーなどはオンラインで十分なのではないか、感染の危険もなく、どこかの会場に行く時間も労力も節約できるので、これからも必要なものはどんどん受講しようと思っています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する