FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる15年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

緊急事態宣言は続く

私の住んでいる埼玉県 は、「一都三県」のうちの一つです。したがって、緊急事態宣言が2週間延期ということになりそうです。
緊急事態宣言中に政府は一体どのような対策をとっていたのだろうか。そして、その結果はどうなったんだろうかという話しは相変わらず聞こえてきません。ひたすら国民が外に出ないようにして人の流れを押さえることのみの対策しかなかったとしたら、あまりにも無為無策だと思います。
変異種の広がり具合はちゃんと調べているのか、イベルメクチンが効果があるという話が海外から入ってきていて、東京都医師会会長も治療に使えるようにと先月提言していたけれど、その後どうなってんの? 無視なんでしょうか。
国民に自粛を押し付けるだけでは限界があるというのが今の下げ止まりもしくは横ばい、微増の状況なのだと思いますから、次の一手を打たないと結局同じことの繰り返しになると思っているのは私だけではなく、様々な所から聞こえてくる声なのに、その声にはどう答えるんでしょうか?
延長については、記者会見をするのでしょうからじっくりと聞かせていただくしかないですね。
ある社労士仲間がメールで、今月21日解除、25日には聖火リレー、そして今年末には日本の医療、経済が崩壊すると予言?していました。

私としては、ワクチンが行き渡り、イベルメクチンが使えるようになれば情勢は明るいんじゃないかと希望的観測をしたいのですが、件の社労士仲間氏は、昨年の早い時期、誰もそんな話をしていなかったときに「安倍首相政権投げ出し」を予言していたので、今回も当たっちゃったら困るな―と心配ではあるのですが。

そんなこんなで、とりあえず私の現状は、外食せず、電車に乗らず、スーパーでの買い物はメモを片手に15分以内で済ます、映画、コンサートはご法度、1月2月の冬物バーゲンも行かずに我慢。
外食できない辛さを少しでも和らげようと自宅から徒歩圏内にある有名デパートの地下食品売り場には休日に行くことがあります。
私の好きなおいしいお惣菜やお菓子を買って帰る途中で、以前よく行っていたレストランなどの前を通りかかると、なんとほとんど満席で、アクリル板もなく以前同様に結構密な座り方で食事をしている様子が外から見えます。
食事中だから当たり前かもしれませんが、みんなマスクしていない。
そこのお店は換気もそんなに良さそうには見えないし、これでは一人でも感染者がいたらかなりの確率で感染するんじゃないのかなーと思い、みんな平気なんだろうかと思います。
平気だからそこにいるんでしょう。一定数、必ずそういう人たちがいるのですから、「自粛」のみの対策はもうやめた方がいいのにと私はつくづく思っています。
早く何とか次の対策をと願うばかりです。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する