FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

誤解しやすい健康保険の資格喪失後の傷病手当金

先週支部の例会に出席した際、雑談の中で4月から改正になった健康保険の傷病手当金のことが話題になりました。


資格喪失後の給付について混乱があるというのです。


会社を退職するとすぐに就職しない限り健康保険の被保険者ではなくなります。家族の加入している健康保険に被扶養家族として加入したり(収入要件あり)、住所地の国民健康保険に加入する等ですが、今まで入っていた健康保険の「任意継続被保険者」になるという選択肢もあります。

任意継続被保険者とは、資格喪失の日の前日まで2ヶ月以上継続して被保険者(日雇い特例被保険者、任意継続被保険者、共済組合員は除く)だった人が、資格喪失日から20日以内に申し出れば、今までの健康保険にそのまま2年間加入し続けることができるという制度です。


但し、今まで会社と折半負担だった保険料は本人が全て負担します。保険料の算定の基礎となる標準報酬月額(注1)は、資格を喪失した直前の標準報酬月額、または前年の9月30日における本人が加入していた健康保険の全被保険者の標準報酬月額を平均した額(政府管掌の場合は28万円)のいずれか低い方の額となります。


(注1)保険料を計算しやすくするために給料(各種手当て、残業代含む年3回以下の賞与は含まない)を等級別に平均化した額、毎年4.5.6月の給料に基き決めます。その他にも等級が2等級以上の差が出るような給料の変動が3ヶ月間続く場合に随時改定します。


ですから、給料の高かった方は保険料を100パーセント払っても国保に加入するより保険料が安く済む場合がありますので、退職する時によく検討されるとよいと思います。


さて、今まではこの任意継続被保険者に対して病気になって働けなくなった時に支給される傷病手当金と産前産後の休業の時に支給されていた出産手当金が支給されていましたが、今年の4月から改正によりどちらも支給されなくなりました。任意継続被保険者は在職中ではないので「休業中の所得保障」という趣旨からずれるというわけです。


出産については資格喪失後6ヶ月以内に出産した場合は今までどおり出産育児一時金は支給されます。(資格喪失日の前日まで1年以上継続して被保険者だったことが条件)


さて、混乱のあるのは傷病手当金です。任意継続被保険者には支給されないとなったため、在職中に傷病手当金を受けていてそのまま退職して任意継続被保険者になった場合に、傷病手当金が支給されないと勘違いする事務担当者がいるということなのです。社労士の中にも間違えて説明してしまう場合があるとか。


資格喪失日の前日まで1年以上継続して被保険者であったという条件を充たせば、在職中に傷病手当金を受給していた人は退職後任意継続被保険者になっても継続して受給することができます。その場合は任意継続被保険者としての標準報酬月額ではなく、資格喪失時の標準報酬月額に基き支給額が計算されます。


退職後、任意継続被保険者になってから病気になった場合には支給されないというところが改正点です。


資格喪失後の給付については以前からややっこしいのですが、会社の事務ご担当の方はお間違えのないように処理をしてください。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する