FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

偽装請負

私の所属する社労士会で任意に加入できる自主的な勉強会がいくつかあります。私もそのうちの一つに入会させていただくことになり、昨日初めてその会合に行って来ました。


私は新入会員ですし、その会にも初めての出席だったので、いらっしゃった方々に名刺をお渡ししてご挨拶しました。十数名の方ですから全員の方と名刺を交換していただきました。1人でもご挨拶できなかったらそれは大変失礼になると思って、名刺をいただいた方のお顔を覚えて「あっ、あの方とはまだご挨拶してないな」とか考えたりしたので、ちょっぴり疲れました。会の内容はとても勉強になりました。オープンに話し合える雰囲気も良かったです。


今日は、最近新聞でよく書かれている「偽装請負」について書いてみたいと思います。

まず、雇用契約、派遣契約、請負契約とはどういうものか押さえましょう。(注1)


注1、民法623条 雇用は、当事者の一方が相手方に対して労働に従事することを約し、相手方がこれに対してその報酬を与えることを約することによって、その効力を生ずる。


民法632条 請負は、当事者の一方がある仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対してその報酬を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。


労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律


第2条 1.労働者派遣 自己の雇用する労働者を、当該雇用関係の下に、かつ、他人の指揮命令を受けて、当該他人のために労働に従事させることをいい、当該他人に対し当該労働者を当該他人に雇用させることを約してするものを含まないものとする。


A社が鈴木さんと雇用契約を結んだとします。鈴木さんはA社に労働を提供しA社はそれに対して報酬を与えるという権利義務関係ができます。


A社は人材派遣会社B社と派遣契約を結びB社から派遣社員キボウさんを派遣してもらったとします。この場合キボウさんが雇用契約を結んでいるのは、派遣元会社のBになりますが、A社で鈴木さんなどA社の社員の指示を受けて働きます。これがいわゆる「派遣」です。


A社は派遣社員キボウさんと直接の雇用関係はありませんが、自社の中で自社のために仕事をしてもらうのですから、労働時間を管理したり休憩を適切にとるなどの配慮をしなければなりません。また、安全に働いてもらう義務も負います。もしキボウさんが業務上の事故にあったり負傷をしたりした場合は、A社は届出の義務を負います。


またA社は、同一の場所で同一の仕事を継続して1年を超えて派遣社員キボウさんにやってもらう場合は、3年以内の期間を定めるとか、(製造業の場合は期間1年の上限があります)その期間を超えた場合はキボウさんをA社の社員とするよう雇用契約の申し込みをしなければいけないなどの義務を負います。


要するにA社は派遣社員を使うことにより、正規の社員を雇うよりは負担が少なくなりますが、自社で労働者を働かすのですから、ある程度の義務は負わなくてはならないのです。


それに対して、請負契約とは注1にあるように会社が社員を雇うというのではなく、会社と会社あるいは個人がある仕事の完成を約束して、それに対して報酬を支払うという契約です。従って、どちらにも労働基準法にある権利義務関係は発生しません。対等な事業主対事業主という関係です。


A社がC社と請負契約を結んだ場合、必要があってC社の社員豊子さんがA社にやってきて仕事をしたとしてもA社は指示をしたりはできません。もし指示をしてA社に関係のある仕事をしてもらったらそれは「請負」ではなく「派遣」になるからです。「請負契約」である限りA社は前述のような派遣社員に対する義務は負いません。


「偽装請負」とは実態は派遣なのに書類上は請負契約をしている場合を言います。平成15年に製造業の派遣が認められるようになってから主に大手の電機メーカーや自動車メーカーの工場で横行するようになったと新聞では伝えられています。


いわば、偽装請負をしている会社は自分達が果たすべき義務を果たさないで、ちゃっかり労働者を働かせているのです。いいとこ取りの卑怯な会社ということになります。興味のある方は東京労働局のHPhttp://www.roudoukyoku.go.jp/seido/haken/index.htmlを参照してみてください。


景気がよくなったという声が聞かれ、大手製造業も業績がアップしているとのことですが、このような負うべき責任も負わず利潤が上がったとして、経営者や株主は本当にうれしいのでしょうか。


会社が社会に対して負うべき責任、また、本当の意味での法令遵守とはどういうことなのか、考えていただきたいと思います。そして、「経常利益が○円超えた!」と喜ぶ前に、自分達の会社が果たすべき責任を果たした上で胸を張ってそう言えるのか自省していただきたいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして

 社労士開業でネットサーフィンしてたらこちらのブログに辿り着き一気に全て読ませて頂きました。

 実は私も来年(9月頃?)に開業することを決意致しまして色々な先輩社労士の開業奮闘記を参考にさせて頂いております。

 現在は開業の準備をしていますが準備を進めていると本当にやっていけるだろうか?と不安に陥る事が多々あります。
そんな時には開業間もない先輩社労士の方々の頑張っておられるブログを拝見し、再び自分を奮い立たせるようにしています。ブログに感謝です!

 本日鈴木さんのブログを拝見して再び自分を奮い立たせました!
実は私は社労士試験を合格してから4年のブランクがあります。この4年間は友人と小さな小さな会社を立ち上げて過ごしていましたが、どうしても社労士の開業が頭に引っかかっておりまして開業することを決意しました。

 今は4年のブランクを挽回するべく勉強の日々です。
これからも度々お邪魔して参考にさせて頂きますのでよろしくお願い致します。

卯年 | URL | 2006年10月06日(Fri)23:28 [EDIT]


はじめまして

卯年さん、はじめまして。

コメントありがとうございました。
4年というと法改正などもだいぶあるので大変だと思いますが、せっかくとった資格を無駄にするのはほんとにもったいないですよね。

やりたいという気持ちさえあれば、きっとうまくいくと思います。とにかく一歩づつでも前に進みましょう。
できれぱ開業セミナーなどを受講してお友達を作るといいと思います。

私も自分のためだけではなく、後に続く方のためにも頑張ろうと勇気をもらいました。ありがとう。

おばさん社労士 | URL | 2006年10月07日(Sat)16:53 [EDIT]