FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

昔さくら、今ブログ、企業の宣伝戦略

「さくら」とは、その昔芝居で役者に声をかけるよう頼まれた無料の見物人のことで、転じて、露天商などで業者と示し合わせて客のふりをして、回りの客の購買意欲をかきたてる役回りの者を言います。(以上は広辞苑を参考にまとめました)


役者に声をかけるということにしても、その役者が人気があるかのように、または演技が上手に見えるようにと考えてのことでしょうから、一種の宣伝であり、今で言うところの「やらせ」ですね。


IT化した現在では、ブログでこれをやっているというようなことが新聞で取り上げられていました。「今頃気がついたの?」感のある記事ですが、かなりの企業が利用し、宣伝戦略に取り入れていると聞くと、ちょっと複雑です。

口こみの影響に目をつけた企業が、報酬や商品提供を条件にブロガーにさりげなく自社の商品の感想などを書いてもらい、隠れた宣伝をするというものです。


それを行っていた女子大生ブロガーの様子がテレビで取り上げられ、彼女のブログが「炎上」(文句や悪口等ネガティブなコメントが殺到して手がつけられなくなること)するという「事件」もありました。企業とは関係なく純粋に本人の意見を書いていると思っていた読者にすれば、裏切られたような気持ちだったのかもしれません。


今では、ブログと企業を結びつけるサービスも増えているということで、企業のサイトにある口コミ情報などは、もしかしたらその手の「さくら」かもしれないという時代になってしまったようです。


私がブログを運営するにあたり最も心がけていることは、独立を守り自由な立場で書くというスタンスです。ですから、アフィリエイトも一切しないし、リンクも先方からリンクしてほしいと言われない限り、自分からは積極的にしません。実は、2~3の気に入ったブログ以外あまり読まないということもあるのですが。けして、他者を拒んでいるわけではないんですよ。


そのような姿勢はブログを運営する上では、正しいとは言えないのかもしれません。ブログはネット上でどんどん広がり、つながっていくのが良さだと聞いていますから。


でも、私としては、ブログとホームページは自分のweb上の発信基地と捉えています。自由な立場で発信を続けるには、何者からもとらわれず独立した立場でいなくてはいけないと考えています。ですから、私のブログでは、さりげなく何かを宣伝するなんてことはあり得ません。と自分を宣伝している?


うーん。それぐらいは許していただけますよね。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する