FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

社労士試験よもやま話(4)

今日は祝日なので硬い話はやめて社労士試験を受験した時の思い出話などしたいと思います。


私は埼玉県に住んでいるので、1年目に初めて私が受験した場所は埼玉スーパーアリーナでした。この場所は総じて受験生には不評だったようです。普段は格闘技のリングやコンサートの舞台となる場所にたくさんの机や椅子が並べられます。何しろ埼玉県だけでも2000人ぐらいの受験生がいるのですから、自分の席を探すのも大変です。


回りは誰もいない客席で、建物の一番低い所で試験を受けるのですから、かなり冷房が効いて冷え性の女性など大変だったようです。

おまけに音響効果が良いせいか、受験生に対する注意事項のアナウンスが大きく響いて、しかも天井から聞こえるのでまさに「天の声」という感じでした。この声の大きさのバランスは案外大事です。試験開始後30分たつと「30分たちましたので退席してもよいです。退席するときは・・・・」というようなアナウンスがされるのですが、ちょうど集中力がまさに高まるような時間帯なので、いきなり大きくアナウンスされるとかなり集中がそがれるのです。


広々とした仕切りのない場所に受験生が集められているので、トイレに行く人も入れ替わり立ち代わりという感じで、落ち着かなかったという人も多かったようです。


でも、私は気に入りました。


天井が高くて開放感があったのです。トイレの数も多かったし比較的新しい施設なので清潔でした。「天の声」に関しては、初めてだったのでそんなものなのだろうと思ってあまり気になりませんでした。冷房も確かにきついとは思いましたが、特に冷え性でもないので、上着を一枚はおればOKでした。私の斜め前の若い男性はTシャツ一枚でずっと過ごしていましたが、とても寒そうでした。午後になるとお腹を押さえたりしていましたので、かなり厳しい状態だったみたいです。かわいそうだなあと気になりました。ほんの一枚でも何かはおるものがあればよかったのに。


何よりも机が1人1人独立した形態だったのが良かったと思います。大学などでは、長い机を共有で使うというタイプが多いので、それに比べれば楽ですよね。


試験も終盤、午後の択一式の終了時間まであと40分ぐらいになったところで、私の隣の席の30代半ばぐらいの女性が、盛んに「ハァー」と大きなため息をつくのです。何度も、何度も。立て続けにです。


初めての受験だった私はただ問題をやり終えるのが精一杯で、不思議とそのため息をいやだとは思いませんでした。むしろ「その気持ちわかるなー」と思いました。勉強不足だった労働経済などの問題がさっぱりわからず、最後に取り組んでいた労働法の一般常識科目で苦戦していたからです。


試験が終了して私が席を離れる時、彼女はまだ座っていたので、「お疲れ様でした。さようなら」と声をかけたら軽く会釈して静かに微笑んでくれました。


その翌年もスーパーアリーナで受験しましたが、私は基準点の壁に泣かされ、総合点では合格ラインを超えているのに1点足りない科目が1科目あるため2年連続1点差で不合格となったのでした。


三度目の正直で合格した昨年は、自分が好きだったスーパーアリーナではなく、ある大学が会場だったのは何か皮肉な感じがします。


ため息をついていた彼女は合格したかなあと、時々ふっと思い出します。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。

私は鳥取県在住にもかかわらず京都で受験しました。
鳥取と島根の山陰地方にはなんと受験地がなかったのです・・・。

一番近くて広島か岡山で、前泊しなければならない状況です。私は大学が京都だったので土地勘のある京都で受験しました。
前泊で試験地に行き、一人で寂しくビジネスホテルで復習してた事を懐かしく思います。

山陰両県には厳しい試験地設定だなぁと当時思っていました。今はどうなのかな?

さらに田舎にとっては試験勉強の環境も厳しいものがあります。都会の方には考えられないと思いますが鳥取・島根には大手資格予備校なるものはありません・・・
通学したくても出来ないのが現状です。

幸い私は中学・高校と塾に行かず独学派だったので社労士試験も独学でなんとかなりましたが、学生時代に塾に行っていて授業形式が慣れている方は通信制か独学しか選択のない田舎は不便なのではと思います。


この掲示板をお偉いさんが見てるかもしれませんので一言。

“これからの受験生のためにも、鳥取・島根にも愛の手を伸ばしてください社労士連合会様、資格予備校様!”

勝手に掲示板をお借りしましてすいませんでした。

鈴木様、明日からまたお仕事頑張ってください。
いろいろお話聞かせてくださいね。

卯年 | URL | 2006年10月09日(Mon)23:34 [EDIT]


卯年さんこんにちは、

今でも試験場は限られていますね。
地方の方はほんとに大変ですよね。

せめて各県に一つぐらいの試験場を確保してほしいものですよね。試験については思うところがいろいろあります。
前にも書きましたが、私が社労士として立派に仕事ができるようになったら、発言したいなあと思っています。
卯年さんも開業なさったら是非内部から声を上げてください。

おばさん社労士 | URL | 2006年10月10日(Tue)11:54 [EDIT]