FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

社労士試験監督後日談

社労士試験は社会保険労務士会連合会が取り仕切りますので、社労士会にとっても年に一度の一大事業です。


今年は何事もなく無事終わり、埼玉県会としてもホットしているところですが、支部長から今後に活かしたいので、気がついたことをどんどん言って欲しい、特に初めての人のいろいろな意見が聞きたいとのメールが来ました。


2~3書いてお返事しましたが、こういう時には遠慮せずどんどん言って来年以降に活かしていただくのが一番よいですよね。


私は受験生にとって誤植はわずらわしいものなので、とにかくなくすように完璧を目指してほしいということと、アルバイトさんの報酬をもう少し上げていただきたいなんて、試験に関係のないことまで書いてしまいました。


朝8時から夕方6時まで、お昼休みは午後の準備などのため、ほとんどお弁当を食べるだけで終わりです。午後、本部から交代要員が来て30分の休憩がとれますが、実働9時間以上になります。計算するとちょうど時給1000円ぐらいの報酬は出ていますし、お弁当と飲み物つきですから、そんなに悪くはないのかもしれませんが、1日ほとんど立ちっぱなしですし、気遣いもあるでしょうし、もう少しあげてもいいかなという印象を持ったのです。


それというのも、出欠確認など重要なことは全部社労士がやりますが、試験室内の巡回、受験生のトイレへの付き添いなどは、社労士と同じ仕事ですから、責任がない補助者とはいえ、社労士と同一の仕事の部分については、同一賃金と考えるべきなのではないかと思います。


そうするともう少し、高くてもいいかなあと思うのです。多少高い報酬を出すということは、社労士会のイメージアップにもつながると思いますし。


と、こんなこと言うのは多分私だけでしょう。他の先輩会員の方にちらっと言ってみましたが、「時給1000円は悪くないよ」とおっしゃっていましたから。


自分の娘と同年代のお嬢さんがとてもよく頑張ってくれたので、感情移入してしまったのかもしれません。


労働に対して報酬を決めるというのは、難しいことなのですね。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する