FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

人と同じことをしていてはダメ ! 開業成功談を聞く。

昨日、県社労士会の開業5年以内の会員を対象にした研修会がありました。


社労士会には、強制加入の社労士会本体と政治連盟、SR経営労務センター(労働保険事務組合)、協同組合という3つの任意加入の組織があります。3つとも県社労士会の会員対象の団体で、県会の役員や元役員の方などが幹部として名を連ねている組織です。


それらの団体の説明と社労士としての倫理感を喚起する先輩会員のスピーチ、成功している会員の開業談などが主な内容の研修です。

冒頭で県会長の挨拶がありました。県会長は私と同じ支部の方なのですっかりおなじみという言い方も失礼かもしれませんが、親しくお話できる方です。まじめなお人柄の方で社労士会を少しでもよくしようという熱意を持った方です。


お話の中で私が印象に残ったことは、「社労士としての知識、技能よりまず人間としての品格を大切に」というところでした。私も全く同感ですが、知識がないのも困るので品格と同等に知識もと言いたいところですが、多分品格のある人はそれなりの知識も身につけているような気もします。私もそうであることを目指したいと思います。


最後の1時間で先輩会員お二人の開業体験談の発表がありました。


お二人とも開業10年ぐらい、現在は社労士としてサラリーマン時代の収入を上回っていらっしゃるということですから、成功なさっているということでしょう。顧問先を30件持てば大丈夫などというお話でした。


最初の方は2年目の終わりには既に30件の顧問先を獲得していたということですから、稀にみる成功者なのではないかと思います。開業当初は飛び込み営業やDMもやったのですが、営業は性に合わないし、DMも本屋で偶然読んだ本により、「砂漠に水をやるようなもの」と思い至りやめたそうです。


同じ本に「集中と繰り返し」ということが書かれていたので、方針を転換します。自分の事務所管内にあるいろいろな事業者団体を回ることを思いついて、まめに訪問したそうです。個別の事業所というのはそれぞれ忙しくて相手にされないことが多いのですが、事業者団体の事務局というのは案外暇で相手にしてもらえたそうです。


「医師会」なんていうのは、敷居が高いと思いがちですが、意外とそうでもなかったとか。まめな訪問が功を奏して徐々にお声がかかるようになったということなのですが、事業者団体の訪問まではやる人が多いのでしょうが、この方はちょっと違うのです。


何しろ平日の昼間は事務所(当初は自宅兼事務所)にいたことがなかったとか。とにかく外に出ていたというのです。事業者団体やぽつぽつできた顧問先を訪問していたということです。書類の作成等は夜又は、土、日曜にやっていたということで、その辺が多分人と違いますよね。やはり人と同じことをやっていたんでは、なかなか成功できないということなのでしょうか。


私も2年目に入り、このままではいけないと少し焦ってはいるのですが、「顧問先を○軒獲得」というような、とにかく顧問先を増やすというこの業界の「王道」について、「人と同じことをやりたくない」という気持ちが頭をもたげてきて、100%素直に話に入れませんでした。


だったら、それに代わる何かをお前はしているのか?と自問してみますが、答えられない自分にはがゆさを感じます。


でも、久しぶりに会った他支部の同期の会員を含めて、支部の同期の友人と帰りにちょっとお茶を飲んで話もできたし、やっぱり参加してよかったとは思っています。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

登録手続を終えました

昨日、県会へ行き、登録手続を済ませました。10月1日付で晴れて社労士を名乗れることとなったのですが、さて、何をどうやって行けばよいのやら、というのが本当の気持ちです。
営業やダイレクトメールの長所・短所がいろいろ言われていますが、私自身ができることは何なのかさえわかりません。
色々やってみるしかないのでしょうね。
もし今顧問契約ができたとしても、勉強していないので逆に困ったりしそうですが・・・
今月いっぱいアルバイトの契約がありますので、10月になったら先ず勉強をしようとは思っています。
このブログの過去の記事もじっくり読み返そうと思います、

中高年社労士の卵 | URL | 2007年09月20日(Thu)19:04 [EDIT]


中高年社労士の卵さん
登録おめでとうございます。

中高年社労士の卵さんはどちらの県会ですか。
県によって、またその中の支部によって随分雰囲気が違うみたいですね。

多分、それほどすぐに生活に困るとかいうことはないのでしようから、焦らずじっくりご自分の個性に合ったお仕事を見つけてください。

かく言う私もいまだに暗中模索ですが、自分のやりたいことというのは、見えてきています。
最初はとにかく「何事も経験」の精神で頑張ってください。

おばさん社労士 | URL | 2007年09月20日(Thu)22:23 [EDIT]