FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

実りある活動 自主研究会で学ぶ

以前にも何度か当ブログで取り上げていますが、(過去記事参照)私の入会している自主研究会の今年最後の例会が昨日ありました。

昨日提出された原稿は、パート労働法の改正、年金の学生納付特例制度、製造業の派遣、労働時間の管理の方法、等、盛りだくさんでした。私も産前産後休業を取得した女性社員の賞与について、判例を参考に作成した原稿を提出しました。

それぞれ興味深い内容が盛り込まれていて、疑問や意見、指摘等、たくさん出されて、いつもながら、3時間があっという間にたってしまいました。最初、入会した頃は3時間て長くないのかなあと思っていましたが、いつも時間が足りないぐらいです。

 

この会では、もちろん私は社労士としては一番後輩です。実務経験豊富な先輩方のお話を聞けるのはなかなか面白く、参考になります。私が敬遠している様々な手続き業務についての細かい話なども出る時があって、そんなことも1人でやっているとなかなかわからないことも多いので、とても勉強になります。

何よりも埼玉県全体のいろいろな支部の方がいらっしゃっているので、自分の支部以外の先輩とお近づきになることができて、それも私にとっては、うれしいことでした。

 

先輩方のお話によると、他にも研究会はいろいろあるのですが、一番自由にものが言える会とのことです。確かにベテランから新人まで忌憚のない意見が飛び交います。私自身は一番後輩ですが、どんな時でも誰に対しても「人間対人間というところでは対等でしょ」という気持ちを持っているので、かなり遠慮しないで(少しはするんですよ)発言していますし、例会後の飲み会でも相当言いたいことを言っています。勉強会なのですから、違う意見がどんどん出た方が結局はプラスになると考えているからです。

 

「社労士として右も左もわからないんだから、そういう態度は気に入らない」と、あるメンバーの方から個人的なメールをいただいて、もっと謙虚になるようにとご忠告を受けたこともありました。もちろん、それについては、そう考える方も当然いるだろうという予測もしていましたし、そういう方が不快感をもたれないように、言動を慎むということは、人としての礼儀として大切だと思います。また、どんな時にも謙虚な気持ちは大事ですよね。ですから、そんなご忠告をいただけたことは、ありがたいことなんだと思っています。

 

昨日の飲み会で、だいぶアルコールが回ってから、前述のメールをくださった方から、「意見はあわないけど、でも、鈴木さんの原稿は、俺、結構好きですよ」(その方は社労士としては先輩ですが、年は私よりずっと若い方です)と、言っていただいたので、うれしかったし、ちょっとホットしました。やはり、顔を見て、しっかりお話するということが人間関係を良好にするためには必要ですね。

 

飲み会が終わり、大急ぎで家に帰って浦和レッズとミランの試合の後半を見ることもできたし、楽しい1日でした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

鈴木様
 私はまだ登録したばかりで、私の所属する県会にどんな研究会があるのかわからず、そんな情報も入ってきていないのでただただ羨ましい限りです。
 それに私の県はだだっ広くて、県庁所在地まで車ですっ飛ばしても2時間前後かかります。もっとも、今は仕事もなくて暇ですから、時間はどれだけでもありますが・・・

中高年社労士の卵 | URL | 2007年12月14日(Fri)11:59 [EDIT]


中高年社労士の卵さん
コメントありがとうございます。

同じ社労士会でも県によって随分違うのですね。
支部の先輩や、社労士会の事務局の方などにお尋ねになってみてはいかかでしょうか。

私は、社労士会の中で人脈を広げるのも仕事のうちと思って、この1年で社労士の知り合いだけはたくさん増えました。

地理的条件も大変なようですが、開業したからには、少々のことにはめげずに、ごいっしょに頑張りましょう。

おばさん社労士 | URL | 2007年12月14日(Fri)16:52 [EDIT]