FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

今年も今日で終わり。

2007年も今日で終わりですね。

今年1年は皆様にとってどんな年でしたか?

私は、昨年9月に社労士事務所を開業してから1年3ヶ月、社労士1年目の大半が今年だったわけです。開業当初からブログを始め、今年の9月12日に1年目を迎えるまで、1年間毎日1200字から1600字ぐらいの記事を書き続けました。これは、我ながらよくやったなあと思っています。

さすがに、ちょっときついかなと思い、現在は土、日曜日はお休みするというペースで、それでもお陰様でずっと続けてこられました。多くは、駄文、雑文のたぐいだと思いますが、読んでくださる読者の方がいらっしゃる限り、これからも自分の発信ツールとして続けていきたいと思います。読者の皆様、来たる2008年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、社労士としての仕事はどうなったかということですが、こちらはなかなか思うようにはいきません。先輩の話を聞いても開業1~2年、時には3年ぐらいは厳しいということですから、焦らず自分を磨いていきたいと思います。

そうは言っても、1年目から2年目に入る今年は社労士会の会費ぐらいは稼がなくてはと思っていました。支部から派遣される年金、労務等の相談業務や、自分が営業して独自にゲットした地元の商工会議所等での労務相談、所属している研究会を通じて雑誌に掲載された原稿の原稿料等、等、で、なんとか社労士会の会費と支部の会費、それに、社労士の仕事でポカをやって損害賠償責任を問われた時のための賠償保険の保険料ぐらいは、まかなうことができました。と言えば、社労士の方なら「ああ、だいたい○円ぐらいね」とお分かりでしょうが、恥ずかしながら、実に微々たる金額です。

 

2年目から3年目になる来年は、自分の食い扶持ぐらいは稼ぎたいなと思っています。そして、3年目は夫に「もう仕事しないで好きなことやってていいよ」と言えるようになりたいなと、ひそかに目標をたてています。もちろん、収入はともかくとして、自分でやってよかったと思える仕事、何よりもお客様に喜んでいただける仕事をするのが、最大かつ最終目標です。

そして、まるまる1年社労士としてやってきて、自分のしたい方向が見えてきたというのが大きいですね。来年以降にそれが実を結ぶように研鑽を積んでいきたいと思います。

 

私の言うなれば「人生訓」というようなものがあるとすると、「めげない、あきらめない、孤独にならない」ということがあります。自分では勝手に「MAK(マック)の法則」と呼んでいますが、それらは今年も実践できたかなと思います。さらに、私が最も高く掲げる「旗」は「独立独歩」「自主自立」です。一時、社会保険事務所や労働局等行政の臨時公務員になることも、ほんのちらっと考えたことがありましたが、今は、全く迷いがありません。行政に使われる立場になったのでは、旗を降ろさなくてはならないし、独立開業したからには自分で道を切り開きたいと思っているからです。

 

というわけで、社労士として踏み出し、方向性を見出し、とにかく一歩づつ進んできた1年でした。「いつか、きっと、花開く時があるはず」と思っています。「旗」の下の方に小さく「いつか、きっと」と入れた方がいいのかななんて思いつつ、大晦日の年越しそばパーティの段取りを考えたりして、今年もどうにか無事に終わりそうです。

読者の皆様ありがとうございました。良いお年をお迎えください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する