FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

続事務所の基本方針

事務所の基本方針の続きです。


2.として、「常にお客様の立場に立って最善の解決策をご提案すること」としました。ごくごく当たり前のことですが、就業規則といっしょで明文化することが大事なのだと思います。自分で考えて自分で書いたことでも、書いてあると「守らなくちゃ」と思うから不思議ですね。


この「お客様の立場に立つ」というのは以外と難しいかもしれないと思います。

お客様が「少々違法でも何とかしてよ」と言った場合どうするか?ということですね。その人の立場に立つとちょっと目をつぶれば全て丸く収まるなんて局面になったらどうしましょうか。


一見丸く収まるようでも違法なことをしてうまくやるということは、その人の人生にとって汚点となりますよね。本当の意味でその人の立場に立つのなら、一体人生にとって何が最も幸せなのかということをよく考えなければならないと思います。違法なことをして自らの良心に恥じるような生き方はけして幸せではないと思います。


「違法は違法」と指摘して、法令を遵守した上での最善の解決策を提示する、そうでありたいと思います。法を守ろうとしない人には何とか説得してわかっていただくというのも私たちの仕事ではないかなと思います。


3.として、「お客様に最新の知識と情報をご提供できるように日々研鑽を積むこと」としました。


これも当たり前のことですが、やはり明文化することによって気持ちの上ですっきりします。自分の中で優先順位がつけやすくなりますね。何はともあれ「勉強、勉強」です。本を読んだり情報を仕入れるだけが勉強ではありません。いろいろな人と会い、いろいろな人の価値観や考え方を知るのも大きな勉強です。


法律とは関係のないところで、人と人がわかりあい共感を持つことができれば、この世界はずっと住みやすくなるはずです。それには自分が独善的になっていないか、頑固な意思を持って思考停止状態になっていないかなど、自身をチェックしていかなければいけないなと思います。


事務所の基本方針を明文化するということは、とりもなおさず私自身のえりを正すのにとてもよいことなのだとわかりました。私にとって「社労士としてのあたし」の規範ができたなとちょっぴりいい気分です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する