FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

ラーメンを食べるカラスを見て思う。小さな幸せ 

当地はここ2~3日の間にすっかり春めいてきました。

よそのお宅の庭先に梅や桃が咲いているのを見て、「春だねえー」などと心の中でつぶやいています。(実際に声に出すと、なんだかおばあさんになった気分になるので)

今日、自宅から事務所へ出勤途中、夫が運転する車の助手席に座りのんびりと外を眺めていたら、カラスがラーメンを食べているのを目撃しました。

正確には、ゴミ捨て場にひっくり返っているカップラーメンのそばに散乱しているラーメンを、一羽のカラスがついばんでいたということです。

「あっ、カラスがラーメン食べてる!」

と言って、夫といっしょに思わず笑いました。

私が「小さな幸せ」を感じるのは、そんな何気ない日常のひとこまの中です。

若い頃には考えもしなかった「小さな幸せ」の意味。

人生の山や谷を越えないとなかなかたどり着かない心境ですね。

かと言って、そこでのんびり止まっているわけではないんですよ。

まだまだ、もう一花咲かせるためには嵐の中でもがく時だってきっとあるだろうと思いますしね。

そんなことを考えるのも生きとし生けるものが活発に活動を始める春がきたからなのでしょうか。

普段考えもしないで頭の片隅に追いやっていることが、突如として現れてくることがあります。

 

ラーメンを食べているカラスは幸せなのかなあ。カラスというのは鳥の中でもとても頭がいいそうで、特に記憶力は抜群だそうです。人をからかって遊ぶカラスもいるらしいですね。ゴルフ場などで打ったボールが地面に落ちる前にくわえてどこかへ運び去るなんて朝飯前らしいですね。

木の上から人間があわてる姿を見て笑っているんでしょうか。

 

ラーメンを食べていたカラスが、それを見ていた私と同じように小さな幸せを感じていたらいいななんて思いました。

今日は、なんだかとりとめのない文章ですが、「春」というのは時折人を狂わすらしいということで、お許しください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する