FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

春の息吹を感じて・・・希望を持って進む

東京に「日本実業出版社」というビジネス書を出版している出版社があります。

そちらで出版している『経営者会報』という中小企業の経営者向けの雑誌があります。

4月1日発売の4月号に私が以前ご依頼を受けて書かせていただいた(過去記事参照)原稿が掲載されます。

「知っておきたい新しい労働関連の法律」という題名で、昨年秋ごろからの雇用対策法、パートタイム労働法、最低賃金法、の改正、あらたに施行される労働契約法について、Q&A方式で概略を説明するような原稿です。

400字原稿用紙換算で14枚ほどです。

残念ながら、この雑誌は書店にはおかれていません。

購読申し込みをした人だけに届けるという形式なので、普通の方はあまり目にされたことはないかもしれません。実は私も今回初めて拝見したのですが、社長へのインタビューや、ビジネスの最前線のあれこれ、私が書かせていただいたような法律関連の記事、ゴルフやファッションなどの記事と、とても内容が多岐に渡っています。

これだけの内容の雑誌を毎月発行するのは、やはり大変なんだろうなあと思ってしまいました。

 

大手生命保険会社を定年退職後開業なさったある先輩にお話したら

「『経営者会報』知ってるよ。会社にいた時読んでたから。連合会(全国社会保険労務士会連合会)の会長室にも置いてあったの見たことあるよ」

と、おっしゃっていました。

知る人ぞ知る雑誌のようです。

 

さて、今回私が原稿を書かせていただくことを回りの人に話したら、

「すごい!」と驚いたり「よかったですねー」と喜んでくれたり、「がんがん書いてください」と激励されたり、「豊子さん、いよいよ印税生活ですかぁ」と冷やかされたり、「自分で売り込んでいくなんてなかなかできないですよ。それがすごい」とほめられたり、「いっそ就業規則について本書いちゃえば」とけしかけられたり・・・。

 

彼らは受験生仲間、同期の社労士、研究会で親しくなった社労士、というような人達ですが、様々な反応があって、とてもうれしかったし、面白かったです。

今までにない楽しい仕事だったなあと思っています。

大した実績もない私に原稿を書かせてくださった編集部のMさんには心から感謝申し上げます。

 

私は、やはり「書く」ことが好き。

それが再確認できたので、満開の桜を眺めながら4月はまた出版社に営業活動をしようともくろんでいます。

うまくいかない時や不遇の時があっても、自己研鑽を怠らず希望を持って前に進みましょう。いつかきっと桜が咲くように一気に花開く時があることを信じてね。

私も満開まではまだまだ時間がかかりそうです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いつもパワーを頂きます・・><

こんにちは!さくらもちです。

まったく、豊子さんって方は、本当にすごいパワーの持ち主だとつくづく感じます^^;
特定社労士試験の合格も、おめでとうございます!今度お祝いしなくちゃですね^^
私も傾きかけた会社に在籍し(!)、自分をとりまく環境が大きく変化した今日この頃ですが、
あまり周囲のことばかりにとらわれず、自分を磨いていく努力をしたいと思います。
また相談に乗ってくださいね。

さくらもち | URL | 2008年03月30日(Sun)20:52 [EDIT]


希望を持って進んでください。

さくらもちさん。
コメントありがとうございます。

「過去と他人は変えられない!」
周囲のことに関係なく自分を磨くのはとてもいいことですよね。
自分を磨くってのいうのは、「机の上のお勉強」だけではなく、感性を磨いたり、人間性を磨いたり、「今を生きる」ことの中にたくさんありますよね。

焦らず、希望を持って進んでください。
応援しています。

おばさん社労士 | URL | 2008年03月30日(Sun)22:07 [EDIT]