FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

人生の幸せはお金では買えない

自分が日頃言っていることをテレビなどで著名人が語ると、自分はやっぱり間違っていなかったんだという気持ちになります。

昨日、出かける支度をしながらアメリカの著名な投資家のインタビュー番組をチラチラ見ていました。

彼は巨万の富を築いた後、現在は福祉活動に熱心に取り組んでいます。富を得たのは偶然でありそれを得た者は貧しい人に分配すべきという考えの持ち主のようです。

最後の方でとても印象的なことを語っていました。

「人生で最も幸せなことは、年をとった時に自分を愛してくれる人が自分の回りにいることです。家族や友人、仕事仲間でもいいですけどね。

私は、富と名誉を得て政府主催の晩餐会に主賓で出るような人を知っています。でも、パーティで誰も彼のことなんか気にかけない、彼自身もそのことに気がついている。こんな不幸なことはありません。」

その前にどういうことを言って、そこにつながったのか残念ながら聞き逃してしまったのですが、多分、お金では買えない人と人とのつながりを大切にしたいというようなことを語ったと思います。

ちらちら見ていた内容では「人生の幸せはお金では買えない」というようなことが出ていたと思います。巨万の富を得た人の感想ですから、多分間違いはないのでしょう。

 

「人生で大切なものはお金では買えない」私は子供たちに言い続けてきました。

でも、実際に巨万の富を得ていろいろなものをお金で買おうとした経験がないので、自分のイマジネーションの中で言っていただけなのです。多分そうであろうと。それを立証してくれた人が現れたというわけです。

年をとってからの孤独というのはきついものなのでしょうね。

私は自分では結構1人でいるのが嫌いではないのですが、自分で選択して1人でいるのと「孤独である」というのとは違いますよね。

 

孤独にならないためには、日々を大切に自分を磨いて自分の人間性を高めていくというのが一番いいのかなと思います。人間的な魅力のある人のところには自然と人が集まります。私もお付き合いするのならやはり魅力的な方とお付き合いしたいなと思いますから。

結局「今を生きることを大切にする」ということなのではないかと思います。

最近は至る所で新緑が美しくて「生命の息吹」を感じます。さわやかな風を受けながら「人生の幸せとは何か」なんて考えるのもなかなかいいものですね。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する