FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

外交に利用されるパンダがなんかかわいそう。

初めてパンダが上野動物園に来た時、私も行列に並びました。

結構長い列で待たされたわりにはパンダ舎の前では「立ち止まらないで前に進んでください」と言われ、どんどん歩かされて、結局のんびり寝ている「寝姿」を垣間見ただけでした。

でも、とってもかわいかったです。

その後、不肖な私も人並みに結婚して子供ができて、子連れで上野動物園には何回も足を運びました。

パンダも入れ替わりはありましたがずっと愛くるしい姿を見せてくれていました。

それがとうとう最後の1頭(という数え方でいいのかな?)が死んでしまい、上野動物園にパンダがいなくなってしまいました。

死んだパンダは、繁殖のためにあちこちに連れて行かれ、「世界で一番飛行機に乗ったパンダだと思います」と飼育係の方が語っていました。

何だかかわいそうに思いました。

気候風土の違う異国に、人間の都合によってあちこち行かされて幸せだったんだろうかと考えてしまいました。

 

なかなか子供ができなかったところをみると、パンダというのは繁殖力があまり旺盛ではないようですね。

人間の赤ちゃんがまるっこくて可愛いのは、「種の存続」のために誰にでも可愛いと思わせて育てさせるためという説があります。

それと同じようにあまり繁殖力が強くないパンダも、可愛らしい姿で身を守っているんでしょうか。

でも、その可愛らしさがあだとなり外交のために利用されるなんて、「数奇な運命だわね、あなたも」と思ってしまいます。

 

しかも、中国は1億円ものレンタル料をちゃっかりとるということで、お金をもうけることに関しては日本人は中国人にはかなわないんだろうなあとあらためて思いました。

今朝のニュースで研究目的ということでパンダを借り受ける話が決まったらしいと聞いて、そんなことを一番最初に話し合わなければならない関係って、どうなんだろうと疑問に思いました。もっといろいろと言うべきことはあるんではないかなと思ったのですが・・・。

 

最近、東京の日比谷近辺や皇居周辺に行くと、中国人らしき団体客が目立つようになりました。良い関係を作っていくことがお互いにとってプラスなのは間違いないのですから、それには忌憚なくいろいろなことを話し合える関係を作るように努力してほしいと思います。まあ、今の政治情勢ではそんなこと期待できないのでしょうが。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する