FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

ご縁を大切に 研修グループの飲み会で盛り上がる

社労士になってからとなる前ではそれなりに生活に変化がありました。

一番変わったのは「飲み会」が増えたということでしょうか。

支部や自主研究会の定例会が月に一度ありますが、その後必ず懇親会ということで飲み会があります。

その他にも県の研修会の帰りに誘われたり、同じ市内で開業している先輩、同期との飲み会などもありました。

全部につき合えるほど豪傑ではないので取捨選択していますが、開業以来かなりの回数参加しました。

お陰で社労士の友人、知人が増えていろいろな面で助けていただいています。

昨日は昨年特定社労士の研修を受けた時ご一緒のグループだった方たちとの飲み会がありました。

特定社労士については、過去何度も記事にしていますので、左側のバーの天気予報の下のブログ内検索で「特定社労士」で検索していただくと、関連記事がいろいろ出てきます。興味のある方はご覧ください。

 

さて、研修は延々ビデオを見せられる前半と、10人ぐらいのグループに分かれて、仮想の労使紛争のあっせんに向けて、「申請書」と「答弁書」を作成して提出して、その後講師の弁護士の講評を交えての講義など、後半に行くに従って中身が濃くなるようになっていました。

最終日は試験があり、グループの打ち上げも特になく終わってしまったのですが、先月、県会の研修でグループのメンバーの4、5人と会って、皆さん試験に合格だったということもあり、遅ればせの打ち上げをしましょうかなんて話になりました。

 

それで私が幹事役となり皆さんのご都合を伺ったりして日程を調整し、めでたく昨日再会を果たしたというわけです。

10人中9人が来てくださって、大いに盛り上がり楽しい一時を過ごすことができました。

特定社労士の研修も私が受けた昨年は3回目で、ベテラン会員は一昨年の2回の研修を受けた方が多いので、私たちのグループは偶然登録年度が皆同じ18年ということもあり、特別親近感がもてたのかもしれません。

楽しかったので、1回だけでなく継続して機会を設けましょうよなんて話にもなり、せっかくのご縁ですから、大切にしていきたいなと思っています。

 

メンバーは開業登録の方だけではなく、勤務・その他登録で社労士以外の仕事をなさっている方もいて、社労士会の飲み会とはまた一味違った話題もあって、有意義な時間でした。

「鈴木さん、会長になってひっぱっていって」なんて言われてしまいましたが、会長なんて偉そうなものではなく、お世話役としてこれからも一役買えたらよいかなと思っています。

ただ、私のような飲みだすと止まらない飲兵衛は、最後の方の会計が怪しくなりそうなのがちょっと心配ではあるのですが。

ともあれ、五月の風がさわやかな夜、また新しい人の輪ができたことをうれしく思いました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する