FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

知っておきたい労働基準法

今月の26日に、東京都の足立区の男女参画プラザの講座で講師を務めさせていただくことになったのは以前記事にしました。(参照)

当日のための資料をパソコンで作り担当者の方にメールで送り、印刷して当日出席者に渡していただくことになっています。

他に県労働局まで行って入手した行政のパンフレットなどを添付するということで、それも先週送り終えて、準備が着々と進んでいます。

悩みのタネは時間の割りにお話したいことが多いということです。

パートタイム労働法の改正部分を中心に労働者の権利全般についてですから、関連法規がたくさんあって、なかなか整理整頓するのが難しいのです。

パートタイマーといえども労働基準法をはじめとして、労働者を保護するための法律、労働契約法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、男女雇用機会均等法、育児介護休業法、雇用保険法、最低賃金法、労働組合法、などの対象となりますし、できれば年金のこともちょっと触れたいなんて思うと、2時間ではとても無理だなあと思います。

 

なかでも労働基準法は働く上での基本となる法律ですので、きちんとお話したいと思うのですが、時間が限られているのでごくごくシンプルに超ダイジェスト版になってしまいますね。

パートタイマーの方にもとにかく知っていただきたい部分としては、「賃金5原則」(注1)、労働時間と休憩、有給休暇、解雇関係かなあそれに、労働基準法ではないですが、「有期労働契約の締結、更新雇止めに関する基準」についても、パートの場合、有期雇用の方が多いのでしっかり説明したいし。

〔注1〕①直接払い ②全額払い ③通貨払い ④毎月1回以上 ⑤一定期日払い

賃金は直接本人に全額を小切手や現物でない通貨で毎月1回以上一定期日に支払わなければならないとする規定(労基法第24条)

 

時間配分が難しいなあと考えているうちに、あれもこれも話しても飽和状態となりかえってわけがわからなくなるだろうかと思ったり、でも、「知りたい」という意欲を持った方たちなのだから、いろいろお知らせした方がよいのではとも思ったり・・・。

うーん、なかなかさじ加減が難しいですね。

なるべく法律用語は避けて普段着の言葉でお話したいと思っていますので、言葉の選び方も考えなければと、あれこれ思案をめぐらせていますが、考えることは好きな方なので、なかなか楽しい時間でもあります。

 

先日娘がメールで

「緊張するかもしれないけど、いつも通り明るく楽しい母さんで頑張ってください」とエールを送ってくれました。

そう、どう頑張っても私は私なので、「地」のままで素直にやりたいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する