FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

3人乗り自転車はレンタルで負担を少なく。

この年まで生きていると、「若い頃はよくあんなことがスイスイできたもんだ、今はとても無理」なんて思う事柄があります。

前と後ろに子供を乗せての「3人乗り自転車」で走行することもその一つです。

子供が2人いた私もやりましたよ。

最近は自転車に乗る子供さんは結構ヘルメットをかぶっていますが、私が子育てした頃は、そんな意識も薄く(今思うと問題ですよね)無防備なままで乗せていました。

幸い、事故もなく無事に過ぎましたが、「3人乗り」の頃は子育て真っ最中でやはり大変だったなあと思います。

時折、「3人乗り」のママを見かけますが、「今、大変だけど2~3年たつと随分楽になりますよ。大変な時期っていつまでも続くわけではないんですよ」なんて、心の中でエールを送っています。

一時期、道路交通法上「3人乗り」は認められないという話になり、

「保育園や幼稚園の送り迎えに困る」

「下の子だけ留守番させるわけにはいかない」

「子供を増やせと言いながら、それを邪魔するようなことをするな」

などと、反発の声があがり、安全な自転車に乗るのなら認めるという方向に話が変わったようです。

 

ということで、今朝の朝日新聞にはいろいろな「3人乗りOK自転車」の試作品が掲載されています。

どれもごっつい感じですが、安全性を重視するとそうなるんでしょうかね。

子育てが楽しくなるようなポップなものを作っていただきたいですね。

しかも、価格が7万円前後と聞くと引いちゃいますよね。

それを個人に負担させるのは酷ではないかなと思います。

「3人乗り」の時期は上の子が小学校へあがるまでです。次から次へと子供を授かるような場合は別として、だいたい長くて数年、普通は2~3年でしょう。

それなら、自治体などで子育て支援策として安価でレンタルするような方向で検討するとかしたらどうかなあ、なんて思います。

そういうことに税金が使われるのなら、私は全然文句ないんですが。

 

今の少子化の理由の中で「なんとなく大変そう」という気分の問題があると思います。「大変そう」の中身はいろいろでしょうが、「子育てには金がかかる」ということもその一つですね。

子育て世代の負担を少しでも軽くするということは、高齢者対策と同じぐらい重要だと思いますが、折りしも出てきた福田首相の「五つの安心プラン」でも目新しいものがないことを残念に思いました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お疲れ様でした

講師の仕事、お疲れ様でした。わかりやすく、しかも網羅的に説明することは大変でしたでしょうね。でも、日頃から勉強されておられるご様子でしたから、しっかり伝わったことと思います。
今日の自転車の記事は私も読みましたが、自治体の支援までは頭が回りませんでした。まだまだ私の発想力は・・・と考えさせられました。

中高年社労士の雛 | URL | 2008年07月30日(Wed)20:56 [EDIT]


中高年社労士の雛さん
おはようございます。

いつもコメントありがとうございます。

コメントを読んでいて思いついたのですが、社労士の関与する法律は暮らしに密着したものが多いので、自治体のアドバイザー的な仕事もできそうですね。

今までの社労士会は外に向けて発信するということをおろそかにしていましたから、今後はそんなことにも目を向けてほしいですね。

今度支部長に言ってみようかな、なんて思いました。

おばさん社労士 | URL | 2008年07月31日(Thu)10:12 [EDIT]