FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

SRP認証eラーニングを受ける

社会保険労務士は法律で守秘義務が定められています。

正当な理由なく業務上知り得た秘密を洩らすことはできませんし、違反について1年以下の懲役、又は100万円以下の罰金という罰則も規定されています。

ですから、秘密保持についてはそれなりの縛りがあるのですが、個人情報保護法の制定により社会的な意識も高まってきたということがあり、全国社会保険労務士会連合会では独自に「社会保険労務士個人情報保護事務所認証制度」(SRP認証制度)を設けて昨年から実施されています。

昨年、この制度の発足を知りましたが、まだ、開業1年目で手続業務もやらないし、まあ、いいかなと思っていました。その後それについての県会の研修なども受けましたし、やはり、人様に法令遵守を促す身としては、自分も法令遵守に敏感にならなくてはと思い、今年7月からの2回目の申請期間に申請書を提出しました。

申請には所定の申請書類の他に、事務所の個人情報保護規程やプライバシーポリシー(HPなどで周知する)、委託契約書の書式などを提出します。

それらの規程については、参考書籍なども挙げられ、連合会で雛形も用意されていますので、参考にして提出すればよいことになっています。

HPに掲載するプライバシーポリシーについては、何事も「お仕着せ」が嫌いな私は、連合会の雛形を参考にしつつ、いろいろな会社、弁護士、司法書士、社労士、行政書士などの事務所のHPを拝見して参考にさせていただきました。

それらの書類が受理されると、連合会からメールで連絡があり、次のステップeラーニングに進みます。

 

指定されたネット上のページにログインして、(ID、パスワードは別途付与される)25問の質問に〇か×かで答えるのです。

60点以上点数がとれればそれでOKで、全部で3回トライできます。期限は10月6日までです。先に提出した書類といっしょに審査されて、10月下旬に認証の可否について通知が来るとのことです。

どんな問題が出るのかさっぱり見当がつかなかったのですが、まずはやってみようと、昨日の休みを利用してトライしてみました。

個人情報についての書籍は読んでいましたし、事務所の規程作りをする過程でかなり個人情報保護について学んだので、別にどうということもないごく常識的な問題でした。10分もかからず終わりました。

 

92点で、1回目でOKとなりました。ということは、1問4点ですから2問の間違いです。

どこが間違ったのかわからないのですが、認証されればそれでよいのですからよしとしましょう。

とりあえずはめでたし、めでたし、やれ、やれです。

書類については不備さえなければ大丈夫のはずですから、多分認証していただけることと思います。

こういう認証制度はなるべく多くの事務所が取得して業界全体でアピールしていくことが大事だと思うのですが、まだまだスタートしたばかりで認証事務所は少ないですね。

私も、今後情報保護についての意識を更に高めていきたいと思っています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する