FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

いじめ自殺に思うこと

最近のいじめ自殺報道には本当に胸が痛みます。


人生のとばくちに立っただけの若い少年、少女が何故自ら命を絶たなければならないのか。


「もっと強くなれ」と言うのは簡単ですが、彼ら彼女らにはそれしか自分を主張する方法がなかったのでしょう。精一杯の自己主張が死ぬことでは悲し過ぎます。彼ら彼女らは一様に「お父さん、お母さんごめんなさい、こうするしかなかった」というようなことを書き残しています。

でも、親の立場で言わせてもらうと、生きていてくれるだけでよかったのにとなるのだと思います。「死ぬ気になればなんでもできる」「死んで花実が咲くものか」昔から自ら命を絶つことをいましめる言葉です。


「死ぬ気になればなんでもできる」か?は別として、「死んで花実が咲くものか」はその通りですよね。死んでしまえばそこで終わり、生きていればこそ花も実もある人生が待っているのです。そんなことを私たち大人は子供達に教えてきたのだろうかとふと疑問に思います。


自殺を考えているあなたへ。(こんなおばさん社労士のブログを見るとは考えにくいですが)


あなたは、お母さんのお腹の中で10ヶ月もかけて大切に育てられて産まれてきました。お母さんはあなたがお腹に入ってから、栄養管理に気をつけ、好きだからといって甘いものを食べ過ぎたり、お酒を飲まないように我慢して頑張りました。スポーツは大好きだったけどあまり激しく飛び跳ねたりしないように慎みました。あなたが産まれる2ヶ月前ぐらいからお腹がとても大きくなって、歩いたりすわったり寝るのさえ大変になりました。何しろ短期間の間に体重が10㎏も増えちゃったのですから。それもお腹の辺だけ大きくなって。


でも、お腹の中でぼこぼこと動くあなたに会える日を心待ちにしていました。そして、あなたが産まれて、あなたのお父さんもおじいちゃんもおばあちゃんもみんなが幸せな気持ちになりました。あなたがいるだけで、みんなの気持ちが和やかになり、笑顔が生まれたのです。


友達からいじめられたら学校にいるのが辛いのはよくわかります。でも、学校に居場所がなくなったからってこの世の中に居場所がなくなったわけではないはずです。あなたの存在そのものが幸せだという人が必ずいるのです。


この世の中にあるものは全てそこにあるだけで価値があるのです。小さな小石だって。小石をどけてみるとアリの巣があったり名も知らない小さな虫のすみかになっていたりするでしょう?


あなたはあなたとしてそこにいるだけで価値があるのです。どうぞ死ぬなんて考えないでください。生きてください。生きて生きて生き抜けば必ず思わぬ展開が待っているはずです。あなたよりずっと長く生きてきたからおばさんは確信を持ってそう言えるんですよ。


人生は光と影がセットになっています。


今、どん底、どん詰まり状態で影の部分にいても、光り輝く日がいつか必ずやってきます。だって光と影はセットなんですから。苦しく辛い状態が永遠に続くわけではないということをわかってください。今「影」の中にいても半年後、一年後にどうなっているかなんて誰にもわからないんです。「光」がやってくるかもしれない。


どうぞ死ぬなんて考えないでください。あなたは自分が幸せになるために、そして回りの人を幸せにするために生まれてきたのですよ。不幸な気持ちのまま死なないでください。生きて生きて生き抜くことを考えてください。


おばさんはあなたが「生まれてきて良かった」と思う日がきっとくると信じています。そして心からそれを願っています。


 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する