FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

祝埼玉西武ライオンズ日本一

このところ、当地は天候が激変してすっかり冬に近づいてしまい、何となく身体がついていけないらしく、アレルギー性鼻炎を起こしたりして体調不良でした。

体調不良になる前に、少し気分が停滞していたりしてやはり心の状態と身体の状態はセットだなあと感じていました。

昨日はそんな気分を払拭するように、ライオンズがジャイアンツを破り日本シリーズ優勝という快挙を成し遂げてくれました。

溜飲を下げるとはこういうことかねぇと思います。

巨人ファンの方はとっても不愉快でしょうから、スルーしてください。

実は、当ブログで「私がアンチ巨人になったわけ」(参照) を書いた日に西武が巨人に負けて王手をかけられ、あんな記事書かなければよかったかなあと気になっていたんです。

そうしたら、何とこの土曜日に岸投手の大活躍があり逆王手をかけて、昨日の緊迫するゲームに勝つことができて本当によかったです。

何しろ、巨人で言えば小笠原とラミレスがいないと同じぐらいの中軸バッター2人を欠いての戦いで、途中で細川捕手も故障で退場など、駒不足という感じがありましたから、なかなか「完膚なきまでにたたきのめす」というわけにもいかないなあと思っていました。

それでも、接戦に勝てたということはシリーズ後半に岸投手と平尾選手というラッキーボーイが現れたからで、勝負事というのはなかなか面白いものだなあと思います。

 

西武ライオンズも選手に対する裏金問題などで、昨年は停滞してしまいましたが、元選手の高木大成氏が営業を担当するようになってから、球団の方針である地域密着を押し進めるために、随分ファンサービスに努めたようです。

サラリーマンナイトというのがあって、試合終了後に一般のファンを球場に入れてくれて、高木氏をはじめとして選手や元選手がノックをするというようなことも評判になりました。野球を趣味としてやっている人には楽しいことなんだろうなと思います。

 

「埼玉」を名前に入れて、CSは大宮球場でもやったりして、今の流れである地域密着型のスポーツビジネスをさらに押し進めるようですね。

巨人の「一党支配」がくずれていくのは、球界全体にとってもいいことだし、地域がそれで活性化されるのもとてもいいことだと思います。

私は来年以降も「アンチ巨人」を貫きたいと考えております。ハイ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する