FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「やっぱりね」と思う奥田元経団連会長の発言

奥田硯トヨタ自動車相談役の首相官邸で開かれた

「厚生労働行政の在り方に関する懇談会」(首相官邸HP参照)での「とんでも発言」が今朝の新聞で報道されています。

彼は座長の立場でありながら、

「あれだけ厚労省がたたかれるのは、ちょっと異常な話。正直言って、私はマスコミに対して報復でもしてやろうかと(思う)スポンサー引くとか」(朝日新聞朝刊より)

と発言したそうです。

私は驚くとともに「やっぱりね」と思いました。

以前からテレビメディアはトヨタなどの大スポンサーに気を使っているのかなと感じることがあったからです。また、奥田氏の「志の低さ」のようなものは彼が経団連会長だった頃によく感じていたからです。

厚生労働省の一連の不祥事は、「マスコミにたたかれる」というレベルの話ではないはずです。

国民の大切な年金に関する事務取り扱いを任されていながら、その責任を果たすどころか、年金を宙に浮かすわ、消すわ、勝手に標準報酬月額は改ざんするわ、預かり金であるはずの保険料を無駄づかいするわ、暴動が起きてもいいぐらいのことが行われていたわけですよね。

報道の自由や国民の知る権利とも関わってくる、傲岸不遜な発言だと思います。

何かを勘違いしているんでしょうね。

 

以前過去記事にもしましたが(参照)、トヨタ自動車の社員の労災に関する裁判についてテレビメディアが沈黙していた時も、多分スポンサーであるトヨタに遠慮したんだろうなあということは想像できました。

アメリカで行われたフィギアスケートの大会で、安藤選手が3位、中野選手が2位だった時に、中野選手の映像が一切流れず、長々と安藤選手の映像を流していた時も「ああ、安藤選手がトヨタに所属しているからだな」と思いました。

実際にメディアに圧力をかけたことがあるのかないのか知りませんが、前述のような発言を平気ですると言うことは、多分、そのような「空気」をかもし出しているのではないでしょうか。

言論には言論で対抗すべきなのに金の力で対抗しているようで、品性よろしくないという印象を受けます。

 

気にいらない番組には金を出さないというのは、ある意味スポンサーとしての正しい態度かもしれません。しかし、企業、特に大企業には自分の会社だけよければいいということではなく、社会全体を良くするために自分たちの企業は何ができるかを常に考えていただきたいというのが私の持論です。

権力を持っている人が私利私欲に走ってしまったら、社会全体にとってとても不幸なことだと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お久しぶりです。
私も今朝の朝刊を読んで、唖然としてしまいました。
企業メセナという言葉がありますが、日本の企業の場合、そのほとんどが宣伝広告としていかに企業のイメージをあげることができるかという視点でしか活動しておらず、純粋に文化を育てようという志がないように思えます。
今回の発言のように「金を出してやっているんだ」という傲慢な意識が強いのでしょう。
トヨタの場合、会社が巨大な分そのトップの発言の影響は計り知れないくらい大きいものだと思いますが、奥田元会長のこれまでの数々の発言を思い出すと、器量の小ささばかり感じられ、企業イメージに関しては損するばかりだと思うのですが。
テレビコマーシャルでいかに素晴らしい車かを宣伝しても、F1に参戦して格好良さをアピールしても、その裏で下請け企業がどれだけ泣かされているか、労働者がどれだけ物のように扱われているか、会社と御用組合とのなれあいでいかに利益配分が少ないか、特に東海地方の人たちはその多くが知っていることです。
最近、権力を持つ人たちの馬鹿な発言が多いようですが、それに乗っかる馬鹿な国民も多いし、この国はどこへ行くのだろうと、途方に暮れることがあります。
思いつくまま書きこんでしまい、とりとめのない文になりましたが、私の朝刊を読んだ感想です。

kazu2 | URL | 2008年11月13日(Thu)12:02 [EDIT]


名前を書き間違えました。何度かお邪魔した中高年社労士の雛です。

kazu2 | URL | 2008年11月13日(Thu)12:04 [EDIT]


ほんとにそうですね。

中高年社労士の雛さん
お久し振りです。

ほんとにこの国はどこへ行ってしまうんでしょうかね。
でも、私の回りの若い方の中には、トヨタのような大企業の欺瞞みたいなものを感じ取れる人もいます。

ひとりひとりが自分の問題として考えたときにきっと変わるのでしょう。

大企業がメディアを牛耳ったときに国民ひとりひとりがどのような不利益をこうむるのか、想像力の問題なのかなあと思います。

おばさん社労士 | URL | 2008年11月13日(Thu)20:24 [EDIT]