FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

職場における「髪型の自由」はどこまで?

今月のある日、支部の研修で労務管理についての講習がありました。

その中で、社員の茶髪についての規制についてどう思われますか?

という講師(支部会員の1人で企業で長く人事労務管理の経験のある方)の質問に対して、

「憲法13条(注1)により髪型は自由のはずだから規制はおかしい」というような答えを出席していたある会員がおっしゃいました。

注1.日本国憲法第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

前述の質問に対してすかさず「憲法13条」と言えるのは、多分私の支部ではこの方だけではないかと思い、「さすがぁ!」と思いましたが、はて、憲法というのは国家権力に対して「法の支配」を確立するためにあるものなので、私人間(民間の会社対一個人)での効力については、巨大企業対一個人などという場合に類推適用されるだけだったはず。

ということで、時間のできた今日、久し振りに髪型についての憲法判断を主張した判例などを見てみました。

校則で禁止されているパーマをかけたことにより退学勧告を受けた私立高校生が、退学の無効を争った判例では、憲法13条違反などを主張していた生徒側に対して、

「憲法上のいわゆる自由権的基本権の保障規定は、国又は公共団体と個人の関係を規律するものであって、私人間相互の関係について当然に適用ないし類推適用されるものではない」と、先に判決の出た事件(三菱樹脂事件昭和48.12.12)を援用しています。

 

その上で、私立学校の建学の精神、独自の伝統、教育方針などを認め、生徒もそれを希望して入学するものであるとしています。

非行を防止するため高校生にふさわしい髪型を維持する校則は、社会通念上不合理とはいえない、などとして、民法1条(注2)、90条(注3)に違反しないとして、民法上の「契約」の問題として判決を出しています。(私立修徳高校パーマ退学事件最判平成8.7.18)

注2.民法第1条 ①私権は公共の福祉に適合しなければならない。

②権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。

③権利の濫用はこれを許さない。

注3.民法第90条 公の秩序、又は、善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。

もっとも、この生徒は学校に無断で運転免許を取得したり(これも校則違反)、それらが発覚しても反省の態度がみられなかったというようなこともあったようです。

髪型についての憲法判断に対する判例は他にもあるのですが、長くなるのでまたの機会に書きたいと思います。

 

さて、冒頭の「職場における茶髪は?」についての私の答えは以下のようなものです。(実際にその場で発言したわけではありません。頭の中で考えただけです)

茶髪については個人の自由の範疇に属することではありますが、会社内外の様々な軋轢が予想される場合には、規制もやむを得ない。すなわち、様々な価値観の取引先などがあり、茶髪を不快に思う人は少数だとは思いますが、存在する。そういう人たちに茶髪社員の存在する会社の品位を疑われる場合もあり、注意を要する。

ただし、就業規則等できちんと規定し社員への周知を図り、もちろん労働契約を結ぶ段階できちんと理由を説明して、納得した上で入社してもらうということが重要だと思います。

髪型というのは、その職場の雰囲気や業界により大きく変わると思いますので、全く自由な職場も当然あると思います。規制をするのであれば、権利の濫用にならない範囲で、最初に説明することが必要だと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 鈴木さんの見解は、そのとおりと思いました。そして、いつものことですが本当に文章に説得力がありますね。
 憲法の私人間効力については、私は直接適用説がいいと思っていました(「国家にも比すべき権力を持った大企業」だけでなく、雇う立場の企業と労働者は、今や私人対私人ではありえない)が、間接適用説が通説・判例ですね。そして、茶髪くらいいいじゃないと思いましたが、それじゃあ、モヒカンはどうなのとフツと思ったら、やっぱりまずいですよね。
 

空ちゃん | URL | 2008年12月22日(Mon)19:48 [EDIT]


空ちゃんさん
コメントありがとうございます。

憲法の私人間効力については、やはり憲法は国家権力の暴走から市民を守るものという立場の方が、私はすっきりします。
私人間については、民法その他の特別法でしっかりと規制すべきだと思いますが、昨今の簡単に派遣社員を切り捨てるような大企業の横暴ぶりを見ると、まだまだ一個人を守る法律が足りないのかなあと感じます。

おばさん社労士 | URL | 2008年12月23日(Tue)12:19 [EDIT]