FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

ライオンズクラブでの労働契約支援事業

私が労働契約支援事業アドバイザーになっていることは以前過去記事にしました。(過去記事参照)

昨年10月からスタートしたのですが、各支部でアドバイザーが順番で講師を担当して、労働契約法などについて中小企業の事業主さんを対象に、説明会やセミナーを行うというものです。

私が講師を担当する蕨商工会議所でのセミナーも、今日の午後開催される予定です。

昨日、その事業の一環ということで、事務所の隣の市にある「ライオンズクラブ」の定例会に伺いました。

そこで、労働契約法について私といっしょにアドバイザーをしている方が20分ほど時間をいただいて話しをしました。

「ライオンズクラブ」というのは、世界的な組織で社会への奉仕活動をする目的を持った団体です。

マンション会社や、プロ野球チームとは無関係とのことです。

地域ごとに活動しているため、会員には自分で事業を行っている事業主という立場の方が多くいらっしゃるということで、話をさせていただくことになりました。

ちょうど、支部の会員の社労士の方でその地域のライオンズクラブのかつて会長まで務めた方がいて、紹介をしていただいたのです。

昨晩夜7時からの定例会にお邪魔していわば「押しかけ講義」をさせていただいたわけですが、会長さんをはじめとしてとても丁寧に接してくださって、ご辞退したのにお食事までいただいてしまいました。

 

実は、私はお腹がすくとすぐに「ぐーっ」とお腹の虫が鳴くたちなので、お腹が鳴らないように、出かける前に結構しっかり食べていたんです。

でも、せっかくご好意で勧めてくださるのに、最初はご辞退していたんですが、「無駄になりますから」などとおっしゃるので、半分ほど箸をつけさせていただきました。結局は無駄かなと、ちょっと心が痛みました。

今日の自分が担当するセミナーがなければ、無理をしても構わなかったのですが、「寄る年波」には勝てず、最近食べ過ぎるとお腹が痛くなることがあるので、自重したのでした。

 

ライオンズクラブの会の雰囲気は、和気藹々とした楽しそうな感じでした。

最初いきなり国歌斉唱から入ったのには正直びっくりしましたが、その後の報告事項の話しぶりなどは、言いたいことを言っているという感じで、私はとても好感が持てました。

お食事をしながら、クラブの会員の方とちょっとお話をしましたが、労働契約締結時の法定の労働条件明示事項などについては、まだまだ皆さんご存知ないんだなあと思いました。

そういう点では、この事業もほんの少しは役立つことになるのかなあと感じました。

 

このアドバイザーの仕事については、ブログに書けないようなことがいろいろとあり、ようやく大詰めにきたというところです。今日の午後は私が90分のセミナーの講師を務めに行ってきます。

あいにく当地は朝から冷たい雨、セミナー開催の2時までにはやむことを祈りたいと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する