FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労使で差のある法律に対する「思い」。

昨年の足立区でのパートタイマーの方を対象とするセミナー、また、先週行った蕨商工会議所での事業主さんを対象とするセミナーで講師を務め、労働者、使用者、どちらの方々にもお話させていただいたことになります。

どちらのセミナーでもご参加いただいた方々は、とても熱心に聴いてくださって私も良い経験をさせていただいたと思っております。

そこで感じたのは、労働者と使用者の法律に対する「思い」のようなものが微妙に違うんだなあということです。

考えてみれば当たり前のことかもしれません。

労働者側にしてみれば、労働法関係の法律を知るということは、自分にどのような権利があるのか知るということです。

いろいろな権利があるというのはどちらかというとプラスのイメージですよね。

逆に、事業主側にしてみれば、知れば知るほど自分がいろいろな義務を負っているんだとわかることになります。

「ああしろ」、「こうしろ」、「しないとだめよ」と言われるのは、法律に限らずあまり愉快なことではありませんよね。どちらかというと、うんざりするというのが普通でしょう。

 

私は、事業主さん向けの雑誌の執筆などの経験もありますが、法律を守ることによるプラスの部分というのを必ず語るようにはしています。

でも、昨日も記事にしたように、事業主さんにしてみれば義務が増えて煩わしいと感じることもあるのかもしれません。

それに対して、法律を守るというのはけして自分の損になることではなく、むしろ得することなんだという気持ちになっていただくことができた時、初めて私の活動が意義のあるものになっていくんだなあと思いました。

今までは、とにかく「知ることが第一歩」と思ってきましたが、労働者側にはそれでよいと思いますが、事業主さんには、もうちょっと踏み込んで法律を知っていただき、守っていただくために、その気にさせるというと表現が悪いかもしれませんが、そんなことも意識して活動していかなくてはいけないんだなと思い至りました。

 

私の所属する研究会では、私の出した原稿に対して最近合格に至るまでのハードルが高いように感じていました。

「鈴木さんのレベルが高いことはわかっているけれど、もっと鈴木さんらしいパンチのあるのを書いてよ」

なんて、先月の例会でもリーダーに言われました。

私たちの研究会では、主に事業主さん向けの原稿を書いていますので、リーダーの言うことは、私が感じたことにもしかしたら近いのかななんてことを思いました。

今日は時間があるので、「パンチのある」原稿を書けるようにちょっと頑張ってみようかなあと思っています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する