FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

研究会で学ぶことの限界

以前に労働契約法策定に関わった大学教授のお話を聴いたことは過去記事にしました。(参照)

その時に質疑応答の時間がないので、質問のある人は取りまとめ役の社労士事務所を通じてFAXを出してくださいとの指示がありました。

私は、以前からちょっと気になっていた

「パートタイマー用の就業規則がない場合は、正社員用の就業規則が適用になると考えてよいのか? 雇用形態が違い労働条件の違う労働者が混在する事業所の場合、雇用形態ごとの就業規則を作成するよう主張しているか゜それでよいのか?」

という質問をお送りしました。ちょっと時間がかかりましたが、今年になってからお返事をいただき、私の考えどおりでよいといういわば「お墨付き」をいただきました。 

以前、私が所属する研究会でパートタイマー用の就業規則の原稿を出したとき、パートタイマー用の就業規則がない場合には、正社員用の就業規則が適用となるとしたことについて、「そう、言い切ってしまっていいのか」というメンバーからの指摘がありました。

過去記事にもあるとおり、(参照)判例などからそう考えることが労働法的には現在の常識となっています。

しかし、日々現場で事業主と対峙している社労士は、労働法的な常識を事業主に理解してもらう大変さも感じているし、時には事業主をおもんばかって、多少法律を守るということについてぬるいスタンスとなることもあるんだろうなあと、その時感じました。

 

ということで、その部分をちょっとぼかした感じの原稿にしてOKとなり、既に昨年事業主向けの雑誌に掲載されています。

それでも、私はずっとひっかかっていたので、その質問と解答をコピーして、昨日の研究会の例会でメンバーに渡して、労働法的にはやはりこう考えるんですという話をしました。

いつまでもこだわって嫌味な女だと思われたかもしれないけれど、勉強会というのはそういう場だと私は解釈しているので、自分の得た有意義な情報はみんなで共有したいという思いもあります。

 

この研究会はメンバーの書いてきた「Q&A」形式の原稿について、その場にいる全員のメンバーで検討して完成させるというものですから、最初に書き手が意図した方向とはちょっと違う方向の原稿となることも結構あります。

書き手としては、良かれと思って書いていますから、あれこれ指摘を受けても納得できないこともありますし、昔は取っ組み合い寸前のこともあったと聞いています。

私が入会してからはそんな場面は見たことがありませんし、至って紳士的というか私のようなストレートな物言いをする人はほとんどいません。入会当時、時々見えた会員で私に負けずはっきりおっしゃる先輩会員がいらしたのですが、最近例会にほとんど見えなくなってしまいました。

 

私からみて行政のHP丸写しのような面白みのない原稿もOKとなることがあります。そういう時、さすがに私でも書いてきた方が一生懸命書いたと思えば、「こんな原稿つまらない」とは言えないですし、難しいなあと思います。

研究会に入会してから2年余り、ちょっぴり限界を感じつつ、「いかん、いかん、限界は自分で打破するんだ」と思う気持ちもあり、最近はちょっぴり複雑な気持ちです。

 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する